安田顕主演、つぶやきシロー原作「私はいったい、何と闘っているのか」公開日決定&本予告解禁

映画
2021年09月27日
©2021 つぶやきシロ―・ホリプロ・小学館/闘う製作委員会

安田顕が主演を務める映画「私はいったい、何と闘っているのか」の公開日が12月17日(金)に決定し、主題歌、本予告、キービジュアルも解禁された。

Twitterフォロワー数約100万人を誇り、芸人・役者・作家と多才なジャンルで活躍するつぶやきシローが、2016年に発売した自身の著書「私はいったい、何と闘っているのか」が初の映画化。「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(18)をはじめ「神様はバリにいる」(15)などのヒット作で知られる奇才・李闘士男が監督を務める。

李監督と「妻ふり」以来の再タッグとなる安田は、本作で仕事や家族のために七転八倒する中流階級の中年男の日常を切り取った喜劇を体当たりで演じている。共演には小池栄子、岡田結実、ファーストサマーウイカ、伊集院光、SWAY(劇団EXILE)、金子大地、菊池日菜子、小山春朋、田村健太郎、伊藤ふみお(KEMURI)、白川和子ら多彩なジャンルの才能が顔をそろえた。

解禁となった本予告映像では、職場であるスーパーの主任として働き、家では妻・律子(小池)、子供たちと温かく暮らすという、一見、平凡な日常を送っているように見える主人公・春男(安田)の壮絶な闘いが映し出される。長男・亮太(小山)の所属する少年野球チームでは、し烈なレギュラー争いのため日々父母たちによる“差し入れ合戦”が繰り広げられているが、春男が用意したのはなんと流しそうめん。しかしそれは飛んできたボールによって、はかなくも失敗に終わり、亮太からは「ドンマイ」と声を掛けられる始末。また、結婚願望の強い長女・小梅(岡田)が連れてきたのは、いかつい彼氏・梅垣(SWAY)。春男は父親の威厳を示すため、あの手この手で攻略しようとする。

スーパーでは、従業員が商品を大量に誤発注。店長(伊集院)や熱血な後輩・金子(金子)らが、春男に救いの手を求める中、どんな方法でピンチを乗り切るのか。そしてついにやってきた念願の店長昇進の話。すっかり舞い上がっているところに後輩・高井(ウイカ)から「はしゃいでるんですね」とグサリと刺さる一言。その後予期したかのように昇進が見送られる。店長からも一目置かれ、後輩からの信頼も厚い春男はどうして選ばれなかったのか。そこにはある秘密があった。

主題歌は、ウルトラ寿司ふぁいやーが本作のための書き下ろし「今すぐアナタを愛したい」に決定。タイトルにもなっている「今すぐアナタを愛したい」というストレートな歌詞とキャッチ―なメロディが春男のひたむきさとどこか漂う哀愁の世界観にぴったりの楽曲となっている。

キービジュアルでは春男と、彼が闘い、時には支えてくれる人物たちが描かれている。日々闘いながらも、どこか空回りしてしまう春男。“でもやるっきゃない!”と熱いメッセージを投げかける本作は、見る者の共感を呼ぶこと間違いなしだ。

「私はいったい、何と闘っているのか」本予告

作品情報

「私はいったい、何と闘っているのか」
2021年12月17日(金)公開

<出演>
安田顕、小池栄子
岡田結実、ファーストサマーウイカ、SWAY(劇団EXILE)、金子大地
菊池日菜子、小山春朋、田村健太郎、佐藤真弓、鯉沼トキ、竹井亮介、久ヶ沢徹
伊藤ふみお(KEMURI)、伊集院光、白川和子
原作:つぶやきシロー「私はいったい、何と闘っているのか」(小学館刊)
監督:李闘士男

脚本:坪田文「家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています。」
音楽:安達練
主題歌:ウルトラ寿司ふぁいやー「今すぐアナタを愛したい」(AMUSE)
制作プロダクション:ダブ
配給:日活・東京テアトル

©2021 つぶやきシロ―・ホリプロ・小学館/闘う製作委員会

この記事の写真