トッド・ヘインズ監督×マーク・ラファロ×アン・ハサウェイ「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」予告編解禁

映画
2021年10月07日
© 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
© 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

12月17日(金)に公開される映画「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」より、予告編が解禁された。

2016年1月6日のニューヨーク・タイムズ紙の新聞記事に、米ウェストバージニア州のコミュニティを蝕む環境汚染問題をめぐり、ひとりの弁護士が十数年にもわたって巨大企業との闘いを繰り広げてきた軌跡が掲載された。

この記事は、本作で製作も兼ね、環境活動家でもある俳優マーク・ラファロの心を動かした。すぐに映画化に向け動きだし、自らトッド・ヘインズ監督にオファー。さらに、アン・ハサウェイ、ティム・ロビンス、ビル・プルマンなど豪華キャストが集結した。ある農場主の悲痛な訴えから始まった小さな案件が、大規模な環境汚染問題に発展していく様を克明に描き出す。

解禁となった予告編には、マーク・ラファロ演じる弁護士ロブ・ビロットの、巨大企業デュポン社を相手にした長く果てのない闘いの断片が描かれている。

“これはあなたにも起こりうる物語”というナレーションとともに映像は始まる。ロブを訪ねてきた農場主が持ってきたビデオテープには、巨大企業が隠し続けてきた水質汚染の実態が生々しく記録されていた。企業側の弁護士であるロブが踏み込む問題ではないが、そのビデオを確認したロブはウェストバージニア州へ向かう。

「汚染された水を飲んだら?」「タイヤを食べるのと同じだ」という衝撃的な返答に、事の重大さに気づいたロブは、無謀にも巨大企業デュポン社を訴えることを決意。そして、調査していく中で明らかになっていく原因不明の不調“テフロン風邪”や、立て続けに生まれる顔面奇形の子供…。これもまた、水質汚染が原因なのか。ロブは「科学者も政府も抱え込まれている」と隠蔽された真実を、徹底的に追い求める。

しかし、突然痙攣して倒れるその姿から、あまりにも過酷な道程が垣間見える。さらに、「彼は負けない」と力強く答える妻役のアン・ハサウェイの姿や、「奴らは人としてやってはいけないことをした。許してはならん!」と声を荒げるティム・ロビンスの姿も。

「みんなの未来を守りたい」という不屈の信念が、徐々に巨大企業を追い込んでいるようにも見えるが果たして――。

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」予告編

作品情報

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」
2021年12月17日(金)公開

公式サイト:dw-movie.jp

© 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.