ドキュメンタリー映画「人と仕事」有村架純、志尊淳が胸に抱く想いを語るSP映像解禁

映画
2021年10月07日
©2021『人と仕事』製作委員会

10月8日(金)公開のドキュメンタリー映画「人と仕事」より、有村架純と志尊淳が本作への想いを語る公開直前スペシャル映像が解禁された。

本作は、コロナに打ちひしがれた日本の職場で働く「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士、介護士などの人々、その他、声なき仕事人たちの現状をレポートするドキュメンタリー。有村と志尊がそのままの“自分”として、さまざまな職業に従事している人たちの元に赴き、体験し、演技ではない、ありのままの言葉や表情で、感じたこと、考えたことをレポートする。「新聞記者」(19)、「パンケーキを毒見する」(21)など、話題作を世に送り出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画し、「さんかく窓の外側は夜」(21)の森ガキ侑大が監督を務める。

公開されたスペシャル映像には、本編映像とともに有村と志尊、森ガキ監督、河村エグゼクティブプロデューサーが、それぞれの言葉で本作への“想い”と撮影時の心境を語る姿が映し出されている。

予定していた劇映画の撮影が、コロナ禍の影響でストップしてしまった当時の心境を語る有村と志尊。そしてドキュメンタリー映画の撮影に踏み切った覚悟を語る森ガキ監督と河村エグゼクティブプロデューサーの声が、さまざまな「人」と「仕事」を映し出す初公開の本編シーンとつながり、特別映像として集約された。

映像は、有村と志尊が「初めてみんなの活動が止まる、恐ろしかったですね」「あれ、地球終わっちゃうんじゃないかな。何が起こるんだろう、これから。いつ終わるんだろうっていう恐怖がありました」とコロナ禍で感じた恐怖を語るシーンから始まる。俳優ではなく、コロナ禍に生きるひとりの“人”として感じた素直な思いを言葉にする2人の表情は、この作品でしか見ることができない。

さらに、完成報告イベントの際に語られた有村と志尊の不安や迷い。作品への出演を決めた当時の心境、撮影を通して感じた「人」と「仕事」に対する2人の想いも収められている。ドキュメンタリー映画として本作を完成させた森ガキ監督と、企画を生み出した河村エグゼクティブプロデューサーのインタビュー映像では、森ガキ監督が「この映画が見た人によって、生き方を変えられるきっかけになってくれれば良いかなと思ってます」と語り、本作への想い、そして覚悟が伝わってくる映像となっている。

「人と仕事」公開直前スペシャル映像

作品情報

「人と仕事」
2021年10月8日(金)より全国3週間限定劇場上映

出演:有村架純、志尊淳

監督:森ガキ侑大
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
配給:スターサンズ/KADOKAWA
製作:『人と仕事』製作委員会

公式サイト:hitotoshigoto.com

©2021『人と仕事』製作委員会

この記事の写真