映画公開20周年記念「ハリー・ポッター」第4&5作を2週連続放送 ハリー役・小野賢章「ダークな展開をお見逃しなく!」

映画
2021年10月29日
『金曜ロードショー』「ハリー・ポッター」
TM & © 2005 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.

11月26日、12月3日(金)の『金曜ロードショー』(日本テレビ系 後9・00~11・24)は「ハリー・ポッター」シリーズの映画公開20周年を記念して第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」と第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を2週連続で放送する。

世界中で愛され、現在も人々を魅了し続けている「ハリー・ポッター」シリーズ。J.K.ローリングにより生み出されたファンタジー小説は、1997年に第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」が発売されてから瞬く間にベストセラーとなり、現在までに80もの言語に翻訳されている。今から20年前の2001年には映画「ハリー・ポッターと賢者の石」、翌年に映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」が公開。その後2011年までに全8作が製作され世界大ヒットシリーズとなった。

今回放送される「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」と「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は、宿敵・闇の帝王ヴォルデモートの復活、そして魔法界全体を巻き込んだ生死をかけた壮絶な戦いが描かれるなど新しいステージに突入していくターニングポイントとなっている。放送を前に、20年前からシリーズ全作品でハリーの吹き替えを担当した、小野賢章からコメントが届いた。

小野賢章(ハリー・ポッター役)コメント

20周年の今なお愛され続けている「ハリー・ポッター」シリーズ。
今回は「炎のゴブレット」と「不死鳥の騎士団」ということで、なかなかダークな展開になっていきますのでお見逃しなく!僕も楽しみにしています!

『金曜ロードショー』
日本テレビ系

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
2021年11月26日(金)後9・00~11・24

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」
2021年12月3日(金)後9・00~11・24

この記事の写真

TM & © 2005 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.
TM & © 2007 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.