ROLANDが「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の魅力を語る「主人公の誠実さが魅力的」

アニメ
2021年10月13日
ROLAND

『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で10月29日、11月5日(金)に放送される京都アニメーション制作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。その魅力について、ホストで実業家のROLANDが語った。

10月29日は、京都アニメーション制作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」TVシリーズを石立太一監督監修で新たに再構成した「特別編集版」を、翌週11月5日には、劇場公開された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝-永遠と自動手記人形-」を本編ノーカットで地上波初放送する。

本作は、2018年にTVシリーズが放送され、“必ず泣ける”アニメとして大きな話題に。2019年には「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝-永遠と自動手記人形-」が公開。さらに2020年には、オリジナル新作「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が公開され、興行収入21.3億円のヒットを記録。日本アカデミー賞優秀賞も受賞した。

ROLAND コメント

最初は足立梨花さんの紹介で見たのですが、人の温かみや、不便であるからこそより伝わる“思い”などを非常に美しく描写している作品です。AIが普及し日に日に機械的になっていく現代社会に一石を投じる作品だと思います。
主人公のヴァイオレットの、全ての人に対しフラットに誠実に向き合う姿勢が、往々にして不誠実さが飛び交う水商売という世界にいた自分としては、非常に魅力的に映りました。特に心にグッときたせりふは「届かなくていい手紙なんてない」。
一通の手紙の重要性をこの一言で簡潔に、かつ完璧に表現していると感じました。
今回、多くの方にこの作品に触れてもらえればと思います。特に、重要ではないLINEのラリーに1日の大半を費やしてしまっていると感じている、少し人生について空虚感を覚えている人にぜひ見ていただきたいです。

『金曜ロードショー』
日本テレビ系

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版」
2021年10月29日(金)後9・00~10・54

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」
2021年11月5日(金)後9・00~10・54

この記事の写真

©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会