福原遥、美山加恋が子役時代の失敗エピソードを披露 映画「フラ・フラダンス」完成披露試写会

映画
2021年11月06日
ⒸBNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ

12月3日(金)公開のオリジナルアニメ映画「フラ・フラダンス」の完成披露試写会が行われ、福原遥、美山加恋ら声優陣と水島精二総監督が登壇した。

福島県いわき市に実在するスパリゾートハワイアンズのダンシングチーム、通称「フラガール」。そのフラガールの新入社員・夏凪日羽と同期の仲間たち、彼女たちを取り巻く人々との絆を描くオリジナルアニメ映画。声のキャストには、主演の福原をはじめ、美山や富田望生らに加え、山田裕貴やディーン・フジオカも参加。総監督は「鋼の錬金術師」「機動戦士ガンダム00」の水島、監督は「劇場版 アイカツスターズ!」『ガンダムビルドダイバーズ』の綿田慎也が務める。脚本は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」「きみと、波にのれたら」の吉田玲子、キャラクターデザインは「アイカツ!」『UN-GO』のやぐちひろこと、日本を代表するトップクリエイターが集結した。

イベントでは、本作の舞台となったスパリゾートハワイアンズのダンシングチーム、フラガールがパフォーマンスを披露。そして福原、美山、富田、前田佳織里、陶山恵実里、山田、ディーン、水島総監督が登壇した。

主演の福原は「アローハー! こういう大変な状況の中でこの日を迎えられて本当にうれしいです。そして、今日フラガールの皆さんのパフォーマンスを生で見ることができて、本当に感動して、あらためてフラダンスには人を明るくさせるパワーがあるなと思いました」とあいさつ。

続いて美山が「アローハー! 私も実は3歳の頃からフラダンスをやっていて、さっき披露されていた曲も小さい時本当に練習していたので、今でも踊りたくなるくらいでした」と感想を述べると、作品の舞台と同じ福島県いわき市出身の富田は「アローハー! 私は福島県いわき市の出身で、今こうして自分の地元だったり、小さきときからよく遊んでいたハワイアンズが注目されたり、初めて憧れた女性であるフラガールを演じることができて本当にうれしいです」と涙ながらに話した。

マネージャーを演じた山田は「アローハー! フラガールの皆さんのダンスのおかげもあって、こんなに温かい拍手を浴びたのは久々なんじゃないかなと思いながら、こんなにたくさんの方の前に立つことができて、とてもうれしいです」とコメント。

そしてディーンは「アローハー! この度、声優デビューしました!(笑)こんな新人の僕がここに立っていいものかと、声優としての第一歩目がこんなに素晴らしく、そして僕自身生まれの地でもある福島にゆかりのある作品に携わることができてとても光栄に思います」と語った。

本作は、福原演じる日羽たち新人フラガールの奮闘を描く物語ということで、新人時代にしてしまった失敗という話題に。福原は「私、小さいころ結構人見知りだったんですけど、スタッフさんの目も見られないくらいだったんですけど、その時に緊張しないようにスタッフさんが遊ぶ時間を作ってくれたりして、そこから心を開くようになっていって…(笑)そういうことがあってどんどん克服していきました」と振り返った。

同じく子役時代から活躍する美山も「私も子役の頃からやらせてもらっていたんですけど、そのころは失敗を失敗と気づいてなかったと思うんですけど、周りの方が優しくフォローしてくれていたと思うので、今はそういう若い人たちを支えられるようになりたいなと思います」と語った。

続いて富田が「こんないい話の後に言うのはあれなんですけど…(笑)大寝坊ですね。本当にショックを受けて、それからは、あまり寝坊はしなくなりましたね」と言うと、山田に「ん? あまり?」とツッコまれるなど、共演の多い二人ならではの掛け合いを見せた。

一方、前田は「業界用語で“早上がり”っていうのがあるんですけど、私は最初調子が良いから早く帰れるんだと思って“ありがとうございます!”って返してたんですけど、本当は早くしゃべりすぎて尺にハマってないことを言うらしく…(笑)恥ずかしい思いをしましたね」と話し、陶山は「新人時代はマイクの前に立つと緊張してしまっていて、今もまだまだ緊張してしまうんですけど、少しずつ慣れてきて克服できているかなと思います」と、声優ならでは失敗談を披露した。

ディーンが演じた日羽たちの先輩・鈴懸は、フラガールたちを信じて応援する役柄。そこで、これまで応援されて元気をもらった、何か大きく人生が変わったエピソードを聞かれると、ディーンは「僕は俳優デビューを2005年に香港でしたんですけど、慣れない仕事を慣れない環境でするということですごく大変だったんですけど、あの時頑張れたからこそ、今その時の延長線上でやらせてもらえてるなと思いますね」と語った。

同じくマネージャーとしてフラガールたちを応援する山田は「アニメの舞台あいさつで違うアニメの話をするのは申し訳ないんですけど(笑)水島さんの『ガンダム00』がとにかく好きで、主人公が戦いながら未来を切り開いていく作品で、12年くらい前、まだバイトをしながら俳優の養成所に通ってたような時に、“僕もこれから一人で闘っていくんだ”という魂から燃え上がるような力を水島さんからもらいまして、そして僕が今こうしてやってこれているのは水島監督のおかげなんじゃないかと思うくらい、僕の魂を支えてくれています」と熱い思いを語った。

そんな水島総監督は「僕も別のアニメの話なんですけど(笑)『新世紀エヴァンゲリオン』の演出に携わらせていただいていて、その時に庵野監督に“監督をやるなら、全てを一人でやるか、全てをスタッフに任せるしかないよ”と言われた言葉が、僕自身が監督をやる上ですごい指針になっていますね」と明かした。

そして最後は、福原が「この作品はたくさんの方の愛がたくさん詰まった作品で今日皆さんにお届けできるのがとてもうれしいですし、いわき市の様子だったり、ハワイアンズの中だったり本当に細かい部分まで再現されたアニメなので、いろんな部分に注目して見てもらいたいです。そして、夢に向かって進んでいくことの大切さだったり、仲間がいることでこんな頑張れるんだぞっていう、熱いエネルギーがこの作品から伝わると思うので、“明日も頑張ろう”とか“一歩踏み出してみよう”って見て思っていただけたらうれしいです」と呼びかけ、イベントを締めくくった。

イベント概要

「フラ・フラダンス」完成披露試写会
2021年11月3日(水・祝)イイノホール
登壇者:福原遥、美山加恋、富田望生、前田佳織里、陶山恵実里、山田裕貴、ディーン・フジオカ、水島精二総監督

作品情報

「フラ・フラダンス」
2021年12月3日(金)公開

「フラ・フラダンス」公式サイト:https://hula-fulladance.com
「フラ・フラダンス」公式twitter:https://twitter.com/hula_fulladance

この記事の写真