永瀬廉と仲睦まじいチンチラの2ショットほか現場でのフィルム写真解禁「真夜中乙女戦争」

映画
2021年12月28日
©2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

永瀬廉(King & Prince)が主演を務める映画「真夜中乙女戦争」(2022年1月21日(金)公開)より、現場の待ち時間に撮影されたフィルムカメラ写真が公開された。

10代・20代を中心に圧倒的支持を受ける作家・Fによる、初の小説「真夜中乙女戦争」を映画化した本作。“平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争”を描く。

永瀬廉が主人公の大学生“私”を演じるほか、主人公が恋心を抱く“かくれんぼ同好会”で出会った凛々しく聡明な“先輩”役を池田エライザ、一連の騒動を首謀する謎の男“黒服”役を柄本佑が演じる。

脚本・監督は「チワワちゃん」(2019)、「とんかつDJアゲ太郎」(2020)など話題作を手掛けた二宮健。主題歌は、ビリー・アイリッシュが今年7月に発売したニューアルバムの表題曲「Happier Than Ever」に決定した。

この度解禁されたのは、撮影の待ち時間にフィルムカメラでキャスト陣を捉えた写真の数々。中でも永瀬演じる主人公の“私”が、本作におけるアイドル的存在である廃墟に棲み着いたチンチラ(ペルシャ猫)のビーツを抱く姿が印象的だ。

©2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

また、“私”が恋心を抱く“先輩”を演じた池田と、同じ同好会に所属する“先輩”の友人カナ(山口まゆ)がフルーツサンドとともにカメラを見つめるキュートな2ショットも。そして“黒服”を演じた柄本が、“黒服”のアジトとなる廃墟の映画館で不敵に微笑む姿も収められている。

永瀬の腕に大人しく抱かれるビーツだが、実は永瀬はその日の自身の出番は終わっているにもかかわらず、ビーツのクランクアップに挨拶に来るなど仲睦まじく、1人と1匹の親密さが表れた2ショットと言えるだろう。

今回解禁となった永瀬のスチールは、劇場用プログラム(作品公式パンフレット)の表紙にも起用。60ページ超えの大ボリュームの中身にはキャストやスタッフのインタビューや撮り下ろし写真、美術や衣装の設定のほか、世界各国のミュージシャンのグッズデザインなどを担当する人気イラストレーターWALNUTとのコラボイラストなどが収録されたファン必見の内容だ。

さらに各種劇場グッズの発売も決定。定番のクリアファイルやキーホルダーから、イラストレーターWALNUTコラボの猫のピンズ、イヤホンケースや、ナップザックにも肩がけにもなる2wayトート、ミニタオルなどシンプルでデイリーユースしやすいアイテムが揃っている。詳細は映画公式サイトを参照。

作品情報

「真夜中乙女戦争」
2022年1月21日(金)公開

公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/mayonakaotomesenso/
公式Twitter:@mayonaka_otome
公式Instagram:mayonaka_otome

©2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

この記事の写真