橋本環奈が超絶アクション!「バイオレンスアクション」特報映像&ティザービジュアル解禁

映画
2022年04月01日
©浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会
©浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会

8月19日(金)公開の橋本環奈主演の映画「バイオレンスアクション」より、特報映像とティザービジュアルが解禁された。

浅井蓮次、沢田新による累計発行部数50万部超え、オンラインアクセス数1,000万PV超えという人気を誇るコミック「バイオレンスアクション」(小学館「やわらかスピリッツ」連載中)が、待望の実写映画化。監督は瑠東東一郎、脚本は江良至、瑠東が担当する。

公開されたのは、映像初解禁となる特報映像。日商簿記検定2級合格を目標に、専門学校に通い日々勉強に励む主人公・菊野ケイ(橋本環奈)。ゆるふわピンクボブにオフショルニットを着こなし、キックボードで商店街を走る姿は誰がどう見てかわいらしい普通の学生。しかし、そんな彼女のバイト先はなんと「殺し屋」。慣れた手つきで拳銃を操るケイに対し、ヤクザの会計士・テラノ(杉野遥亮)も「君、殺し屋だったの……?」と見た目とのギャップに撃ち抜かれた様子。そんなことはお構いなしにバイトに大忙しのケイは、拳銃を撃ちまくり、容赦なく敵を蹴り飛ばす。

さらに、アクロバティックに宙を舞いながらの銃撃や、最狂の殺し屋みちたかくん(城田優)との至近距離でのハイスピードな格闘を繰り広げる。「お待たせしました!ケイです!」と愛くるしい笑顔であいさつをするケイの過激な日常に、ケイに恋する同級生の渡辺(鈴鹿央士)も「え”え”え”ぇぇぇぇ!!!」と驚きのリアクション。また、バイトの依頼先まで送り迎えする運転手のヅラさん(岡村隆史)のカツラを奪ってポンポン遊び笑うケイの姿も収められている。

さらに、ド派手なピンクがインパクト大のティザービジュアルも解禁。ハート型のスコープの中で拳銃を構え、風船ガムを膨らませるピンクボブの主人公・菊野ケイの姿が写し出され、その横には「バイトで殺し屋、やってます♡」というコピー。専門学生にして学校終わりに殺し屋としてバイトをするケイの、キュートな見た目とハードなバイトのギャップを引き出したビジュアルとなっている。

特報映像(30秒)

https://youtu.be/ciNXs3J00EA

作品情報

「バイオレンスアクション」
2022年夏、全国公開

原作/浅井蓮次、沢田 新「バイオレンスアクション」
(小学館「やわらかスピリッツ」連載中)
監督:瑠東東一郎
脚本:江良至、瑠東東一郎
出演:橋本環奈、杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、森崎ウィン、大東駿介、太田夢莉
佐藤二朗、城田優、高橋克典/岡村隆史 ほか

製作:「バイオレンスアクション」製作委員会
制作:ファインエンターテイメント
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト:VA-MOVIE.JP

©浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会