ユナクプロデュースのNIK(ニック)がユニバーサルミュージックからメジャーデビュー決定

音楽
2021年07月08日
NIK©ARGS

ユナク(SUPERNOVA)がプロデューサーを務めたアイドル育成プロジェクト「G-EGG season1」で結成された11人組日韓合同グローバルボーイズグループ・NIK(ニック)が、7月6日、7日の2日間にわたりZepp DiverCity(TOKYO)にて「NIK LIVE 2021-Ready to go-」を開催。全4公演のラストを飾った7日夜公演では、2021年にユニバーサルミュージックからメジャーデビューすることを発表した。

NIKにとって2021年第1弾となる本ライブ。コロナ禍で韓国メンバーの来日が困難なため、ゴンミン、ユンソル、ヒョンス、コ ゴン、テフン、パク ハが集結した韓国のスタジオと、日本メンバーの龍太、瞭、史也、太一、日向がステージに立ったZepp DiverCity(TOKYO)をオンラインでつなぎ、初披露の新曲を含め全15曲を披露した。

7日の夜公演は、日本メンバーによるダイナミックで夏の雰囲気にぴったりなエレクトロ・チューン「Santamonica」で幕開け。韓国メンバーによるオリエンタルな雰囲気のダンス・チューン「Hurricane」が続き、オーディション段階からファンに人気の高い楽曲で序盤からNIKの世界に観客を引き込んでいく。メンバーのあいさつを挟み、韓国メンバーによる抒情的で壮大なバラード「Stand Together」へ。歌唱力に定評のあるコ ゴン、テフンを軸に“離れていてもつながっている”というNIKからファンへの切実な思いが込められたステージは、日本の会場にいるファン、オンラインで参加したファンの心にも届いただろう。

切ない歌詞が印象的なラブバラード「あの時へ」で、昨年末のライブからの成長を見せた日本メンバーのステージの後には、ダンス、ラップ、バラードバトルコーナーがスタート。ダンスバトルでは、ゴンミン、ヒョンス、ユンソル、パク ハのコミカルかつポップで笑顔あふれるステージに対し、史也は以前大会で披露したという思い入れのあるソロダンスでファンを魅了。さらに龍太、日向も加わり、3人の息が合ったエモーショナルな雰囲気漂うダンスで会場を盛り上げた。

ラップバトルでは、テフンが自ら作詞・作曲した「Life」をクールに、太一はみんなで一緒に盛り上がれるステージをとの思いで作詞した「Sunshine」を、暸はハードで硬派な楽曲に自作の歌詞をのせた「You Rock」と、それぞれ異なるスタイルのラップでファンの心をわしづかみに。バトルラストを飾ったバラードバトルでは、コ ゴンとテフンの伸びやかなボーカルと美しい高音のハーモニーが胸に響く「I LOVE YOU」、龍太と日向は切ない歌詞が印象的な「私の思春期へ」を情感豊かに歌い上げた。

今回初披露された新曲は、NIKのプロデューサーであるユナクと、元CODE-Vのナロ改めソニが代表を務めるパブリッシング会社 「BIG DATA」のスタッフ全員とがNIKのために制作した楽曲で、NIKのメンバーであるテフンも「BIG DATA」の一員として参加している。韓国メンバーが披露した「Bomb」は次々変わるリズムと力強いメロディが印象的で、ヒョンスのアクロバットをはじめ、NIKの楽曲の中で一番ハードなダンスだとメンバーが口をそろえる楽曲だ。いっぽう、日本メンバーが披露した「Better Spring」は、振り付けに史也が参加。NIK史上最も爽やかで、サビの軽やかなメロディが耳に心地よいナンバーに仕上がっている。新曲2曲のステージは、NIKの振り幅の広さとポテンシャルが感じられ、ファンたちにも好評だったようだ。

新曲のみならず、オーディションの課題曲として大きな反響を呼んだ楽曲も充実。恋をした時に感じる嫉妬の感情をテーマに、妖艶な表情とダンスで韓国メンバーが魅せた「Jealousy」、ポップでキュートな楽曲の世界観を日本メンバーが愛らしさ満点にパフォーマンスした「I DON’T CARE」。さらに「G-EGG season1」のテーマ曲でもありNIKの原点ともいえる楽曲「LIFE GOES ON」と、さまざまなカラーを持つNIKの楽曲を日本と韓国から届けた。

ライブのラストには2021年にユニバーサルミュージックからメジャーデビューすることも発表し、会場に駆けつけたファンとオンライン視聴したファンと共に喜びを分かち合ったメンバーたち。今は日本と韓国と離れた場所で“その時”を待ちながらも、NIKとして11人で未来を切り開いていこうという強い決意を感じるライブだった。

<ライブレポート公演詳細>

「NIK LIVE 2021-Ready to go-」
会場:Zepp DiverCity(TOKYO)
日時:2021年7月7日(水)開演19・00

【セットリスト】
1. Santamonica/史也、龍太、暸、太一、日向
2. Hurricane/ゴンミン、ヒョンス、ユンソル、コ ゴン、テフン、パク ハ
3. Stand Together/ゴンミン、ヒョンス、ユンソル、コ ゴン、テフン、パク ハ
4. あの時へ/史也、龍太、暸、太一、日向
5. Dance Battle-You gon’ learn some jazz today (原曲 masego)+Locked Out of Heaven(原曲 ブルーノ・マーズ)/ ゴンミン、ヒョンス、ユンソル、パク ハ
6. Dance Battle-Ready2Go (原曲 Danny Daze)+Malibu Sunrise-AM Mix(原曲 Essential Groovers)/史也-Don’t Leave Me Alone(原曲 KEITA)/史也、龍太、日向
7. Rap Battle-Life/テフン
8. Rap Battle-Sunshine/太一、You Rock/暸
9. Ballade Battle-I LOVE YOU(原曲 クリス・ハート)/コ ゴン、テフン
10. Ballade Battle-私の思春期へ(原曲 赤頬思春期)/龍太、日向
11. Bomb/ゴンミン、ヒョンス、ユンソル、コ ゴン、テフン、パク ハ
12. Better Spring/史也、龍太、暸、太一、日向
13. Jealousy/ゴンミン、ヒョンス、ユンソル、コ ゴン、テフン、パク ハ
14. I DON’T CARE/史也、龍太、暸、太一、日向
15. LIFE GOES ON/NIK

NIK公式HP:https://nik-official.com

この記事の写真

©ARGS