• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

渡邊圭祐インタビュー「愛されるキャラクターを作っていけたら」『恋はつづくよどこまでも』

渡邊圭祐インタビュー「愛されるキャラクターを作っていけたら」『恋はつづくよどこまでも』

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』で、上白石萌音さん演じる七瀬と同期の新人看護師の仁志琉星役を演じている渡邊圭祐さん。自身の役どころや共演者とのエピソード、さらに今年の目標なども聞きました。

渡邊圭祐インタビュー

◆GP帯の連続ドラマは初出演になります。

 日曜朝に放送されていた『仮面ライダージオウ』が終わって、今度は夜の時間帯のドラマに出演することになりました。同じ事務所の先輩の(佐藤)健さんとの共演を喜んでくれるファンの方々の声もありましたし、地元の友人や親からも良かったねっていう連絡をもらって。とてもうれしいし、光栄なことだなと思います。

◆『ジオウ』の連載ではお世話になりました(笑)。特撮と今回の現場で違いはありますか?

全く別物ですね。アクションとラブコメディだから、そう感じているのかもしれませんが(笑)。カメラの台数や撮り方も違いますし、『ジオウ』では台本1ページ分を割って撮影してきたんですけど、今作では2台、3台のカメラで1シーンを撮っているので、感情が見えやすいというか。経験がない分、新鮮ですし、気合が入ります。

渡邊圭祐インタビュー

◆今回演じる仁志琉星は血が苦手なヘタレキャラです。役作りはどのようにされましたか?

ヘタレってなりたくてなる人はいないと思うし、すごく難しいです。でも、すごく優しい男なんですよ。そこは僕と一緒なので(笑)。仁志は、小児科の看護師なので、現場にも小さい子供が多いんですが、僕は子供が大好きなんです。『ジオウ』でも接する機会が多かったですし、かわいい姪っ子もいるので。でも、杏里ちゃん(住田萌乃)は、子供とは思えないぐらいしっかりしていて、逆に杏里ちゃんからいろいろ教えられています(笑)。

◆同年代の共演者の方も多いですが、現場の雰囲気は?

上白石さんが和やかな楽しい空気を作ってくださっていますね。座長として一番忙しくて、劇中では恋に仕事に翻弄され、ドSに突き放されて…。役の中でもバタバタとしているのに、周囲への気配りがすごいですし、ずっと笑顔なんです。ある時、僕が果物を食べたいと話していたら、次の日くらいに「食べたいって言ってたよね?」と、ドライフルーツを持ってきてくださったこともありました。

渡邊圭祐インタビュー

◆佐藤健さんとの共演はいかがですか?

何回かお話しさせていただきました。一番最初に今の自分の仕事について話を振っていただいたんですけど、僕がありえないぐらいの量の汗をかいてしまい、最後まで話せませんでした(苦笑)。健さんはすごく優しくて気さくな方で、オーラがすごいんです。吸い込まれる感じというか、否が応でも惹きつけられる、もう“佐藤健”なんです。撮影が終わるまでには、もっと健さんの魅力を事細かに語れるくらいお近づきになれたらなと思います。

◆今作では看護師の役でしたが、今後演じてみたい役はありますか?

感情が全くない役をやってみたいです。無慈悲というか、世間一般では受け入れられないような人間性を持っている、ちょっと心に闇がある役をやりたいなと。『ジオウ』をやっていた時は、次は人間味のある役をやりたいと言っていて、いざやってみると、それもすごく楽しいんですけど、真逆の役もやりたいなと思ってしまって。仕事がめちゃくちゃできる役もやってみたいですし、たくさんありますね(笑)。

◆今年も始まったばかりですが、2020年、どんな一年にしたいですか?

僕としては役者として2年目から3年目になる年です。2018年から2019年にかけて一年間、1つの役をやらせていただいて、なんとなく自分のペースみたいなものがつかめてきたので、ようやく地に足がついたかなと思うんです。ここからまたさらにどれだけ高く跳べるか、2020年は挑戦していきたいですね。

渡邊圭祐インタビュー

■プロフィール

渡邊圭祐
●わたなべ・けいすけ…1993年11月21日生まれ。宮城県出身。俳優デビュー作『仮面ライダージオウ』のウォズ役で注目を集める。今作がGP帯の連続ドラマ初出演。

■ドラマ情報

火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』
TBS系
毎週(火)後10・00~10・57

●photo/中村功 text/田中ほのか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える