古田新太の“色気”と“説得力”に委ねた吉田恵輔監督の最高傑作 映画「空白」

特集・インタビュー
2021年09月23日

不慮の事故で娘を失った父親がモンスター化し、その事故に関わった人々を追い詰めていくヒューマン・サスペンス映画「空白」。本作で、娘を失った父親・漁師の添田充を演じる古田新太さんと、オリジナル脚本も手掛けた吉田恵輔監督に、作品に対する思いやロケ地となった愛知県蒲郡市での思い出などを伺いました。

 

◆吉田監督は“日本のソン・ガンホ”をイメージとして、添田充役で古田さんにオファーされたそうですね。

吉田:お芝居にしても、ルックスにしても、古田さんは誰よりも説得力があるんですよ。充がやることを偽物に見えるようには、したくなかったですし。それに怒っている時はとにかく怖いんだけど、男から見てちょっと色気があるんです。映画的にも、それがいいなと。

古田:最初は漁師でもモンスターでもないのに、「何でオイラなのかな?」と思いましたが、監督にそこまで言ってもらえると、光栄というか、幸いです。

◆オリジナル脚本を読まれた時の、古田さんの感想は?

古田:全然笑えるシーンがないし、これは困ったぞと(笑)。ただ、青柳直人役が(松坂)桃李くんに決まるかもという話は聞いていたので、桃李をイジメることができて、楽しそうな現場だなと思いました(笑)。オリジナル脚本だと、自分でゼロから作り上げることができるし、役者としてはありがたい。こう見えて縛られるタイプで、原作モノだと自分がマンガや小説を読んだ時のイメージから逸脱したくないと思ってしまうんです。原作ファン全員から褒められたいから。今回の場合は、監督一人に褒められればいいわけですからね(笑)。

◆充を漁師の設定にしたことについては、吉田監督いかがですか?

吉田:デビューしてから10本以上、商業映画を撮ってきたんですが、自分の飽きっぽい性格もあり、これまでにやったことのないシチュエーションで撮ってみたかったんです。それで浜辺で撮ったことはあるけれど、海の上から撮ったことはないということで、漁師という職業がついてきた感じです。あと、キム・ギドク監督の『弓』が好きなこともあり、海の上を漂っている船を撮りたい願望もありました。

古田:充はほかの漁師からも一目置かれていて、藤原季節くんが演じた野木龍馬も慕ってくれているんだけど、ちょっと人間的には難ありというか。でも、なぜ彼が離婚して娘の親権を預かっているのかといったバッググラウンドは、脚本に描かれていないんです。そこに関しては監督の狙いというか、いろいろと委ねられた感じでした。

  1. 1
  2. 2
  3. 3