森崎ウィンが自身の家族と向き合うきっかけに 映画「僕と彼女とラリーと」

特集・インタビュー
2021年10月01日

自然豊かな愛知県豊田市と岐阜県恵那市を舞台に、自動車レース“ラリー”をとおして新しい人生を切り開こうとする若者の姿を描いた映画「僕と彼女とラリーと」が10月1日(金)に全国公開される。本作で等身大の主人公・北村大河を演じた森崎ウィンさんは、撮影を通じて何を感じ、何を表現しようとしたのかーー。自身の胸の内を本音で語ってくれました。

 

◆最初に台本を読んだ時、どんな印象を持ちましたか?

題名に“ラリー”という言葉が入っているので、ラリーをメインに扱った作品なのかなと思っていたら、実際はヒューマンドラマの要素が強くて、そこは少し意外でした。家族の関係性も描かれていて、台本を読みながら僕自身の家族との関係をほんのり頭の中でリンクさせる自分がいたりして、そこもちょっと面白かったです。

◆どのようにリンクさせていたんですか?

僕も自立して故郷のミャンマーにいる家族や親戚と離れ、今は簡単には会えない状況ということもあって、お互いの現状をリアルタイムでシェアできてはいませんが、昔、子供ながらに引っかかっていたことに、今になって向き合えたりして。「そういえば、あの時、ああだったよね」みたいな、本当にささいなことだったりするんですけど、それが両親の過去を知りたいと思うようになったきっかけなのかなと思いました。映画の中にも大河が父親の過去のムービーを見て、自分が見たことのない父親の一面を知るシーンがあるんです。僕の場合、親の過去を知る機会はあまりなかったんですが、“こういう作品と出会ったということは、自分の家族と向き合う時期なのかな”と思って。この映画の撮影が終わってから、親と一緒にご飯に行っていろいろな話をしました。

◆劇中に、大河が母親の昔の日記を見るシーンがありましたね。

実際にそうなったら、ちょっと怖いですよね(笑)。あのシーンは、何が書いてあるのか不安に思いながら“でも台本上、読まなきゃいけないしな…”と思って、恐る恐る手を伸ばしたのを覚えています。そういえば僕、撮影中に役とリンクするために、自分の母親に手紙を書いたんです。映画では母親との関係性はそこまで描かれていないんですが、過去の再現シーンを撮るために、自分でそのバックボーンを作らなきゃいけないなと思って。台本の後ろのほうにあるメモのページに、大河として母親への手紙を書いていたら、だんだん大河が書いてるのか、僕自身が書いてるのかが分からなくなってきて。その台本は今でも家に帰ればあるんですけど、あまり読み返したくないですね(笑)。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4