大原櫻子インタビュー「“禁断の愛”と言いつつ、意外とありそうな気もします(笑)」 『つまり好きって言いたいんだけど、』

特集・インタビュー
2021年10月09日

マネージャーと人気俳優による禁断のラブコメドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』(テレビ東京系 (水)深0・30)。主演の大原櫻子さんが、作品の見どころや“理想の王子様像”について語ってくれました。

 

◆最初に原作や脚本を読んだ時、どんなドラマだと感じましたか?

若い男女はもちろん、大人もキュンキュンするストーリーだと思いました。マネージャーと俳優さんの“禁断愛”と銘打っていますけど、意外とありそうですよね(笑)。立場的なことはともかく、一緒にいる時間が長くて相手を理解している者同士だろうし、そんな2人の恋愛ってステキだと思います。きっと私みたいな目でタレントさんとマネージャーさんのことを見ている人も多いと思うし、バレちゃうんじゃないかってハラハラドキドキしながら楽しんでいただきたいです。

◆演じる千歳はどんな女の子でしょうか?

原作の千歳は仕事をテキパキこなすキリッとした女性なのですが、ドラマではキャラクターがちょっと変わっていて。真っすぐで正直な、でもちょっと鈍くさいところもある女の子になっています。“カッコいい”よりは“かわいらしい”が多めで、応援したくなると思います。

◆大原さん自身、千歳に共感できる部分はありますか?

ちょっとおっちょこちょいなところと、気合が入り過ぎて空回りしちゃうところですね。あと、うそや冗談をすぐ信じちゃったりするところも(笑)。だから千歳を見ていると分かるなと思うところが結構ありますね。

◆小学生のころ、同級生の男の子によくうそをつかれてからかわれていたため、今だにうそが大嫌いな千歳。大原さんは、もしだまされたり裏切られたりした時はどうしますか?

私はいい経験をしたなって思うようにしています。その悔しさを“今に見ていろよ!”ってバネに変えるようにして。人を信じるというのは永遠のテーマで、裏切りを怖がっていたら何もできなくなっちゃうので、結局は信じるしかない気がするんです。でもいざという時のためにあまり先のことを考えずに、期待し過ぎずに。あと大事なのは、自分を信じること。そうしないと人から信じてもらうことなんてできないと思うんです。

◆千歳には教師になるという夢がありながらも、ひょんなことからマネージャーになってしまうわけですが、マネージャーという職業にはどんなイメージがありますか?

常にアンテナを張っていないといけない仕事だと思います。自分が担当しているタレントを見て、何が必要なのか、求められているかを察しなければいけないわけで。私自身にとっては普段目にしている方々ですし、今までいろいろなお仕事で会ったマネージャーさんたちのことも思い浮かべたりしながら演じるようにしています。

◆マネージャーとして担当することになるのが、イケメン俳優の瀬那(櫻井海音)。彼のような男性についてはどう思いますか?

千歳の前だと強がって、カッコつけるんですよね。そういうツンツンした部分は、客観的に見てかわいいなと思います。ただ、うそをつくのはやめてほしいですね(笑)。

  1. 1
  2. 2