上坂すみれとヒャダインが初コラボ!「“いつか機会があれば”とずっと思っていました」

特集・インタビュー
2021年10月26日

人気声優の上坂すみれさんが12枚目のシングル「生活こんきゅーダメディネロ」を10月27日(水)にリリース。この曲は、現在放送中で彼女も出演するテレビアニメ『ジャヒー様はくじけない!』の第2クールオープニング主題歌になっている。自身の音楽のルーツともいえる“電波ソング”に挑んだ今作。自ら作詞をしたカップリング曲も含め、この一枚に込めた思いをたっぷり伺いました。

 

◆10月27日にリリースされる最新シングル「生活こんきゅーダメディネロ」はヒャダイン(前山田健一)さんが作詞・作曲をされています。

実はお仕事でご一緒させていただくのは初めてなんです。以前から、私の音楽とヒャダインさんが作る楽曲の世界観には通じるものを感じていて、“いつか機会があれば”とずっと思っていました。それで今回、テレビアニメ『ジャヒー様はくじけない!』のオープニング主題歌を歌うことになり、まさにピッタリだなと思いましたので、思い切ってお声がけさせていただいたんです。

◆ヒャダインさんとは、どのような流れで曲を作っていったんですか?

最初に、ヒャダインさんにもアニメ作品の原作を読んでいただき、お互いの意見を出し合いながら、曲の方向性を決めていった感じです。とはいえ、ヒャダインさんと言えばニコニコ動画で電波ソングをたくさん作ってこられてきて、まさしく私自身のオタク活動の根源とも言えるジャンルを牽引されてきている方なので、早い段階で“電波ソング”でいくことは決まりました。

◆実際に上がってきた楽曲を聞いた時の印象はいかがでした?

イントロからヒャダインさん節を感じました。懐かしさと新しさが混在しているのもヒャダインさんらしいなと思いましたし。ただ、“これ、本当に歌えるのかな?”という不安もありましたね。というのも、展開が早く、一曲の中で目まぐるしく変化していくんです。“これはもしや、4〜5人でやっと歌える曲なんじゃないだろうか…”とも思いましたが、何とか頑張ってみよう、と。

◆確かに、ユニットやグループで歌うような複雑な曲ですよね(笑)。

そうなんです。ヒャダインさんはいつも味が濃いめの曲がお得意な方で、私の音楽もトリッキーな曲が多いほうなので、きっとそれに合わせてギミックを入れてくるだろうと予想はしていたのですが…ちょっと想像以上でしたね。

◆歌詞にも四字熟語や英語、ローマ字、カタカナが混在していて、ヒャダインさんワールドが炸裂していますね。

主題歌になっているアニメは、主人公であるジャヒー様が魔界でNo.2の実力であったにも関わらず人間界に送られ、4畳半の部屋に住んでバイトをしながら魔界復興を目指すというもの。ですので、ジャヒー様の生活の悲喜こもごもを歌詞で表現していただきました。それに、ヒャダインさんの歌詞の魅力は、おっしゃるようにボキャブラリーの豊富さで。慣用句などもよく登場するのですが、決して説教くさくなく、むしろオシャレさを感じるところがすてきなんです。しかも、ものすごく言葉数が多いのに、どれもしっかりと聞き取れる。初めて聴いてもしっかりと歌詞が分かる電波ソングって、意外と作るのが難しいのですが、この曲はそこにも感動しました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5