内藤秀一郎&川津明日香インタビュー「『仮面ライダーセイバー』を見ていた方からすると「この2人が恋人役なの!?」となるかも(笑)」

特集・インタビュー
2021年10月27日

ロックバンド・sajiのニューシングル「ハヅキ」のミュージックビデオに出演する内藤秀一郎さんと川津明日香さんにインタビュー。『仮面ライダーセイバー』で一年間撮影を共にしたことで強い絆で結ばれた2人が、今作ではカップル役に挑戦。演じてみた感想や見どころについて伺いました。

 

◆まず出演が決まった時のお気持ちから教えてください。

川津:「え? この2人なの?」という驚きはありました(笑)。私たちは同じ事務所で、マネージャーさんと3人のグループラインがあるんですけど、そこで「MVのお仕事が決まりました」と報告を受けて。「他の出演者の方は誰なんだろう?」と思っていたら…。

内藤:僕もビックリしました(笑)。カップルの話ということだけ先に聞いていて、相手が誰なのかは知らなかったので「明日香ちゃんだったんだ!」みたいな。

川津:最初は驚きが大きくて「どうなるんだろう?」と思っていたんですが、実際に撮影してみると思ったよりもフラットに取り組めました。

内藤:反対に僕はちょっと緊張しました(笑)。明日香ちゃんとは『仮面ライダーセイバー』で一年間撮影を共にしていたんですが、劇中ではそういう役どころではなかったので…。

川津:確かに。カップルのように演じるシーンは、緊張と照れくささがあったな。

内藤:セイバーでは僕が演じた飛羽真ではなく、(山口)貴也君が演じた倫太郎と明日香ちゃん演じた芽依がいい感じになっていたんです。そのせいか、心の中で「倫太郎、なんかごめん!」という気持ちになりました(笑)。

川津:なんでよ~!(笑)

内藤:まだ完全に飛羽真役が抜け切っていなかったのかもしれない(笑)。一年間毎日のように一緒だったけど、今回は役柄が全く違うのですごく新鮮でしたね。

◆ちなみにカップルのようなシーンとは?

内藤:カフェでの出会いのシーン以外は、ほぼ全部…?

川津:そうだね(笑)。私は内藤君にドライヤーをするシーンが印象的だったかも。どちらかと言うと女性側が乾かしてもらうイメージがあったから。あと何だろう?

内藤:僕は無難だけど手を繋ぐシーンかな。カップルとしては日常的で当たり前のことだと思うんですけど、普段はしないことなので緊張しましたね。でもこれまでの関係性がある分、いざ本番になるとお互いちゃんと切り替えができていたというか。変な気まずさもなく、友達のように仲の良いカップルの空気感は出せていたような気がします。

◆緊張はありながらも、とてもナチュラルに演じられたんですね。あまり難しいと感じるシーンはなかったですか?

内藤:どのシーンもスムーズに撮影できたんじゃないかなと思います。個人的には、別れた後に明日香ちゃんのことを思い出すシーンは、どこまでテンションを落としていいのかが分からなくて表現の仕方に悩みました。僕はこういう暗いシーンだと苦戦してしまうんですけど、明日香ちゃんは上手で。1人で泣いているシーンは特に良かったです。

川津:本当に? うれしい! 実は私、そのシーンで泣くということを絵コンテ上で見逃していたんです。当日内藤君に「今日泣くシーンあるよね」とニヤニヤしながら言われてスケジュールを見直したら本当にありました(笑)。

内藤:そうそう。その撮影の直前までスタッフさんたちと楽しそうに話していたのに、いざ本番になったらスッと涙が出ていてビックリした。

川津:それは監督の雰囲気づくりのおかげ。場の雰囲気や流れに乗せてさくっと撮ってくださる方だったので演じやすかったです。

内藤:さすが一年間ヒロインを演じていただけあるよ!

川津:恥ずかしいんだけど!(笑)

  1. 1
  2. 2