SUMIREインタビュー「自分の青春時代を思い出し、甘酸っぱくて幸せな気持ちになった」 映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」

特集・インタビュー
2021年11月05日

作家・燃え殻が2016年に発表したデビュー作を映画化した「ボクたちはみんな大人になれなかった」。森山未來演じる主人公・佐藤が2000年に出会い恋に落ちるバーテンダーのスーを演じたSUMIREさんが、知れば知るほど似ていたという役や、自身の「青春」について語ってくれました。

 

◆最初に原作や脚本を読んだ時の印象は?

どこか過去を懐かしむというか、思い出を引き出してくれるような印象がありました。恋愛だけでなく、仲がいい友人と長く付き合うという当たり前のことが、実はかけがえのないことだったり。そういうことをあらためて思い出させてくれましたね。

◆今回演じられたスーの役作りについては?

私もSUMIREなのでスーと呼ばれることが多くて。そういう意味ではまず名前から親近感がわいていたのですが、ミステリアスな面やシャイな部分など、彼女のことを知れば知るほど私と似ている部分があって、理解できるところも多かったですね。役に入りやすいというか、気持ちをシェアしやすかったです。

◆2000年を生きたキャラクターを演じることへのこだわりは?

意外とガチャガチャな柄の合わせだったりなど、当時のファッションについては特に意識しました。衣装合わせの時から森監督といろいろ話し合って、デニムに大きめのニットを合わせるラフな感じにしたり。

◆森義仁監督の演出については、いかがでしたか。

この作品で、初めてご一緒したのですが、個々の魅力を引き出すのがとても上手な方だと思います。特に部屋にいるスーが佐藤に、「こんな人生も嫌いじゃないんだよね」って呟くシーンがあるんですが、その時、彼女の哀愁みたいなものをたっぷり引き出してくれたように感じています。あと、「スーは佐藤の前にずっといるわけではないけど、佐藤の未来に対する助言というかアドバイスをするパートナーにしたい」といった話も一緒にしましたね。

◆佐藤を演じる森山未來さんと一緒に演じてみて、いかがでしたか?

森山さんは現場では完全に佐藤としていらっしゃって、そういう部分も含めて役者としても憧れる存在です。スーが佐藤と一緒にいたり、みんなとお酒を飲んで楽しんでいるシーンでは、彼女の人間味が出ていると思ったのであまり着飾らないように、できるだけありのままでいることを心がけました。心から楽しんで笑っている感じで。そうすることによって、夜の仕事をしている時とのメリハリをつけました。

◆完成した作品を観た時の率直な感想は?

あの時代に佐藤がスーと出会えて良かったと思ったのと、自分の青春時代を思い出しました。特に印象的だったのは、スーと佐藤がお酒を飲んだ勢いで、道端で白いラインしか踏んじゃいけないゲームをするシーン。とても甘酸っぱくて幸せな気持ちになりましたね。こんなふうに友だちと遊んだなとか、こんな経験をしたなとか、心情的に重ねられるシーンが多くて、心温まる作品になっていると思います。

◆ご自身のキャリアの中で、どのような作品になりましたか?

役名とともに、とてもありがたい機会を頂けたと思っています。森山さんからも本当にいろいろと学ばせていただきました。これから女優として成長していく中で、たびたび振り返ることがある、懐かしむような作品になっていくんじゃないかと思います。

◆SUMIREさん自身にとって、「青春」といえるエピソードは?

映画の中にも出てくるような、友だちとドライブしている感じは「青春」ですね。あと、学生時代によく聴いていたチャットモンチーさんや椎名林檎さんの曲を耳にすると「青春」を思い出します。

PROFILE

SUMIRE
●すみれ……1995年7月4日生まれ。東京都出身。2014年より「装苑」の専属モデルとして活動し、2018年に映画「サラバ静寂」のヒロイン役で女優デビュー。2019年にはWOWOWオリジナルドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』でヒロインを務めた。主な映画出演作に「リバーズ・エッジ」「TOURISM」「mellow」「裏アカ」など。NHKドラマ10『群青領域』に出演中。WOWOW連続ドラマW『いりびと -異邦人-』が2021年11月28日から放送・配信予定。

作品情報

©2021 C&Iエンタテインメント

「ボクたちはみんな大人になれなかった」
2021年11月5日(金)より
シネマート新宿、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほかロードショー
同日、NETFLIX全世界配信

(STAFF&CAST)
原作:燃え殻『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫刊)
監督:森義仁
脚本:高田亮
音楽:tomisiro_
出演:森山未來 伊藤沙莉 萩原聖人 大島優子 東出昌大 SUMIRE 篠原篤
配給:ビターズ・エンド

(STORY)
1995年、佐藤誠(森山未來)は、加藤かおり(伊藤沙莉)と出会い、生まれて初めて頑張りたいと思う。かおりの言葉に支えられ、がむしゃらに働く佐藤だったが、1999年、かおりはさよならも言わずに去ってしまう。その後、佐藤は志していた小説家にはなれず、ズルズルとテレビ業界の片隅で働き続ける日々。そして2020年、社会と折り合いをつけながら生きてきた46歳の佐藤は、いくつかの再会をきっかけに“あの頃”を思い出す…。

公式サイト:https://bokutachiha.jp

公式Twitter:@bmo_movie

公式Instagram:@bokutachiha_movie

©2021 C&Iエンタテインメント

 

photo/TOMO(tweety) text/くれい響 hair&make/石邑麻由 styling/沢田結衣 衣装協力/FUMIE TANAKA(ドール)

SUMIREさんのサイン入り生写真を1名にプレゼント!

<応募方法>
TV LIFE公式Twitterをフォロー&プレゼント告知ツイートをRTしていただいた方の中から抽選で1名にSUMIREさんのサイン入り生写真をプレゼント!
当選者には、TV LIFE公式TwitterアカウントよりDMでお知らせいたします。

TV LIFE公式Twitter(@tv_life):https://twitter.com/tv_life

<応募締切>
2021年11月12日(金)23:59