M!LKインタビュー「『Ribbon』でまだ見たことのない新たなフィールドにいくんだ! という今まで以上の責任を感じました」

特集・インタビュー
2021年11月26日

11月24日(水)にメジャーデビューシングル「Ribbon」をリリースしたM!LK。本誌(TV LIFE22号)では収録曲の聴きどころを中心にお話を聞きましたが、WEB版ではメンバーの人となりが分かる他己紹介や、タイトルにちなんでリボンにまつわるエピソードをお伺いしました。

 

◆まずは皆さんがどんな人柄なのか教えていただきたいので、自己紹介と隣に座っている人が紹介する形で他己紹介をしていただけますか?

曽野舜太:では、僕からいきます! 19歳、ハッピーレッド担当の曽野舜太です。僕はひとことで言うと、少年みたいな人です。

佐野勇斗:舜太はM!LKの中で最年少なんですけど、その場所によって自分を変えることのできる、“柔軟な男”だなって。トライエンドエラーをしようという積極性もあるし、M!LKの中で自分の立ち位置に関して研究したり、いろいろなものを見て学ぼうとする意欲もあって吸収力もある。何より、ポジティブなのでグループ内で打ち合わせをしたときもプラスなことを言ってくれて、場を盛り上げてくれるありがたい存在でもあります。

塩﨑太智:めちゃくちゃアゲられてるじゃん!

曽野:(ドヤ顔で)まさに僕は最上級の男だと思います。

塩﨑:今ので一気に下がった。

一同:(笑)。

曽野:褒められすぎたから緩和したんです(笑)。

◆中和できる男でもあると。では、佐野さんについて。

佐野:佐野勇斗、23歳、愛知県岡崎市出身です。僕も舜太と似ているところがあるんですけど、現場現場で自分を変わるような気がしていて。M!LKの中で言うなら、結構ワガママだし、“我がまま”にやってます。

山中柔太朗:その言い方、カッコいい~!

塩﨑:M!LKのみんなに「これやろうよ」って勇斗が一番最初に発信してくれるんです。M!LKのことを常に考えているからこそ、理想があるからこそ、ワガママになるというか。

吉田仁人:“我がまま”というよりは、“我らがまま”でもあるよね。

塩﨑:何に対しても熱心な男で、ただでさえ役者の仕事も忙しいはずなのに、本番だけでなく、リハやダンスレッスンの時もつねに真剣で。M!LKも頑張っている二刀流、まさに芸能界の大谷翔平選手!

一同:オォーー!

塩﨑:勇斗に任せれば大丈夫だっていう安心感、包容力があります…。ガタイがよくて…。

吉田:そっちかい!

塩﨑:勇斗がいてくれるだけで、包まれている感じがします。

佐野:ホールド力ですね(笑)。

塩﨑:僕自身もそうですけど、男性からも憧れられる男だなって。

吉田:“漢”のほうのおとこだよね。

一同:確かに!

◆続いて塩﨑さんについて。

塩﨑:塩﨑太智、2000年9月11日生まれのミレニアムボーイ、奇跡の男です! M!LKに加入できたこともそうですが、努力でこうなったというよりは本当に奇跡の重なりでここまできたという感じで…。自分が奇跡というよりは、奇跡で育ってきた男ですね。

吉田:僕と太智はオーディションも事務所の所属日も同じで、ずっと一緒にいたんですけど、そんな僕から見ても、奇跡をモノにしてる男だなって思っていて。僕は努力して、自分の足で行動するタイプだけど、行きつく先には必ず太智がいるんです。

一同:(笑)。

山中:ある意味、それも持ってるってことだよね。

吉田:もともと太智は夢のあるものが好きで。それが突飛な発想やライブ演出につながったりもしている気がします。生き方をはじめ、例えるなら全てがテーマパークのような、周りの人が自然と笑顔になってしまう男で。楽屋とかで僕たちがつかれていても、太智が何かしゃべるだけで、みんな笑顔になってしまうんです。

塩﨑:(満面の笑顔を浮かべる)

吉田:そういった部分も含めて、(人に)愛される男。僕もそろそろコイツのことを愛していこうかと思ってます。

塩﨑:9年ぐらい経つのにまだ愛されてなかったの!? 遅すぎだろ~(笑)。

佐野:太智は一番アイドルだよね!

曽野:仕事終わりにバイバイする時も、最後の最後まで見えなくなる直前の直前まで手を振ってくれるんですよ。

塩﨑:それは本当に寂しいから。

山中:さすがアイドル!

佐野:僕の知り合いも、太智に会ったらハマるって9割の人が言うし。一番下の弟も太智推しだし。

塩﨑:目が肥えてるね~(笑)。

山中:確かにダンスもすごい上手だから、ステージ映えもするし。仁人君もダンスが上手だけど、違った良さがあるんだよね。

曽野:天才肌の踊りだと思う。

吉田:M!LKの軸だよ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3