もう中学生、キー局初冠番組に「ほろっと涙が出た」実家の母から注意されたこととは?

特集・インタビュー
2021年11月29日

テレビ朝日の平日深夜のバラエティ枠『バラバラ大作戦』。同枠でこの秋スタートした新番組の中から注目芸人にインタビューするTV LIFE本誌の短期連載を、誌面に入りきらなかった未公開トークも含めた特別版としてTV LIFE webでお届け! 第2回は『もう中学生のおグッズ!』(毎週(月)深2・36~2・56)からもう中学生さんが登場。同番組では自身のオリジナルグッズを作って発売するべくロケを敢行し、予測不能の“もう中ワールド”を繰り広げている。キー局では初となったこの冠番組への思いを語ってくれました。

 

◆最初にオファーを受けた時のお気持ちは、どんなものでしたか?

うれしさは30パーセントくらいで、70パーセントくらいは「どうしよう…」という気持ちでした。「もう中さんでやりたい」とか、「この仕事デカいですよ!」とご依頼いただいても、正直、喜びよりも「自分にそんなことできるのかな…」という不安が大きくて。「ヤバい、ヤバい!」という方で頭がいっぱいでした。でも、今までお笑いをやりたくても、できなかった時期が長かったですし。ここ11年くらい、「今後どうなっていくんだろう…」とずっと思っていて。そんな自分がガラス張りのまぁるいビル…テレビ朝日さんの社屋でお仕事をさせていただけるなんて。今日の朝もほろっと涙が出たくらいです。

◆ライブを中心に活動されている時期もありましたよね。

マネージャーさんが変わるたびに、“僕はこんな人です”というプロフィールシートのようなものを書いてお渡しするのですが、そこにはテレビ出演のことなんておこがましくて書けなくて。劇場や営業のお仕事で何とか生活だけは続けていけるように、ということだけお伝えしているような状態だったんです。だから、まさか新聞や雑誌のラテ欄に自分の芸名が載るようなお仕事をいただけるとは思っていなくて。ありがとうの気持ちをお笑いに変えてきっちりお返ししたいです。

◆収録の手応えはいかがですか?

最初のころは、「アジャパー。また変なこと言っちゃった」と反省ばかりだったんですけど、放送を見たらちゃんと番組になっていて。僕の中では、“変なこと”でしかなかったものを、スタッフさんが編集で面白くお料理してくれたり、分かりやすく伝えてくださったりしていて。全面的に編集に助けられています(笑)。

◆独特の“もう中ワールド”がさく裂していますね。

いえいえ。僕はもともと自由に笑いを取るようなポップな人間ではないんです。昨日も2リットルのお茶を1日掛けてちょっとずつ飲みながらチンしたものを食べて…という生活をしていましたから。そんな僕をピーオーピー、すなわち“ポップ”に見えるように仕上げていただいて、ありがたさ満載です。放送を重ねるごとにあれもしたい、これもしたいと、ポジティブな気持ちや夢が増えていって、今は未来に希望ばかりです。

◆“生ワイプ”としてワイプ風の枠を装着してその場でツッコミを入れる、毎回のゲスト芸人さんの存在も大きいですか?

そうですね。ゲストの方にもとても助けられています。それなのに僕は収録が始まると、どうしても自分のことで頭がいっぱいになってしまって。冠番組だからこそ、ゲストで来てくださる方を立てないとダメなのは分かっているんですけど。昨日、放送を見た母ちゃんからも、「あんたは自分がいいふうに映ることばっかり考えてる。人を立てるだよ!」と注意されました。ゲストの方がキランと光るようにできれば、僕自身も器のデカい、本当の意味で大きな人になれると思うんですけど。早くそんなちゃんとした人間になりたいです。

  1. 1
  2. 2