もう中学生、泉ピン子を“ピン姉”呼びでメロメロに「貢ぎたくなるー!」『踊る!さんま御殿!!』

バラエティ
2021年10月26日

10月26日(火)の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系 後7・56~8・54)は「わかりあえない男と女 大激突SP」を送る。ゲストは青山テルマ、與真司郎(AAA)、荒川(エルフ)、泉ピン子、蛙亭、奇跡、陣内智則、原田龍二・愛夫妻、蛍原徹、もう中学生。

オープニングでは、原田龍二・愛夫妻そろっての登場に明石家さんまが「原田君はそれでええやろうけど」と妻・愛を心配すると、当の本人は「そんなに怒ってないです」と堂々たる口ぶり。これに感心したさんまは「(アンジャッシュ)渡部もこういう形で出たらええ」と提案。さらに蛍原にも「こういうふうになればよかった。(雨上がり決死隊が)渡部のところみたいになってる」と言いだし、リアクションに困った蛍原は椅子から崩れ落ちてしまう。

最初のトークテーマ「私が繰り返してしまう恋愛でのミス」では、與が「1日のスケジュールをビッチリ埋める」「ルーティーンも多い」という理由で女性に引かれてしまうと告白。大親友だという青山も「自分ルールがすごすぎる」とドン引き。「泊っていきなよ」と言われて一度だけ泊ったことがあるそうで、「朝起きたとき、私の周りを…」と屈辱のエピソードを明かす。

蛙亭・イワクラは過去に付き合っていた男性に貢ぎ過ぎてフラれたという顛末を披露。すると泉は「(男に貢ぐ)自分が好きなのよ」と、かつて自身も男性に貢いでいたことを告白。しかし、そのことが原因で当時撮影していた映画「男はつらいよ」の山田洋次監督から「しこたま怒られた」という。女優としてやっていくことを決意した泉が、その男性に告げた衝撃の別れ方とは。

原田は「女性の喜ばせ方が分からない」と、デート―コースもまともに決められず、妻・愛とのデートも釣り堀だったと告白。愛からは誕生日プレゼントにまつわる不満も明らかに。

また、純粋キャラのもう中学生はさんまから「何人と付き合ってた?」と聞かれ、「カバに乗れる人数くらい」と謎回答。過去に女性に送ったプレゼントも意味が分からず全員キョトンとしてしまう。しかしそんなもう中の姿に、なぜか泉が「すごくカワイイ」とドはまり。「ピン姉(ねぇ)」と甘えて来るもう中に「貢ぎたくなるー!」とメロメロになってしまう。

「戦国時代が好き」だという荒川は、男性にも「天下取る気ある?」と武将のような覚悟を求めてしまうと悩みを明かすと、青山は「気合入ってる人が好き」と2人が妙に意気投合。さらに、「男はずるい」というエピソードでも2人が一致団結し、「女のほうがずるい」と主張するさんまをマシンガントークで圧倒する。

続くトークテーマ「私が勝手に作った恋愛の格言」では、原田が再現VTRに登場し、「人を憎んで車憎まず」という格言を発表する。これには「不祥事で格言作るアホがどこにおんねん」とさんまもあきれる。一方、妻の格言は「かまってほしがりの人を野放しにすると浮気する」。この理由と原田の不祥事を関連付けて淡々と語る愛に、原田は「返す言葉がございません」と黙ってしまう。

また、話題の声優・奇跡に「好きな言葉を言ってもらう」という場面では、さんまがなぜか「しこたま」という言葉を選択したことで、ゲスト陣から総ツッコミが。そこでさんまが原田に「原田君はなんて言ってほしいの?」と尋ねると、衝撃の言葉にスタジオ中が大爆笑。陣内は「よう言えるな奥さんの前で!」とツッコむ。

『踊る!さんま御殿!!』
日本テレビ系
2021年10月26日(火)後7・56~8・54

この記事の写真