ビスケットブラザーズインタビュー「コントの内容が分からんくても“何か見た目おもろいな”って思ってもらえたらそれでいいんです」

特集・インタビュー
2021年12月02日

「キングオブコント2019」では決勝進出を果たし、2020年、2021年にも大きな賞レースを制するなど、今勢いに乗るお笑いコンビ・ビスケットブラザーズ。インタビューでは、きんさんと原田泰雅さんに、あらためて受賞後の反響やネタ作りの裏側などについてお伺いしました。さらに来年1月に行われる単独ライブの見どころも!

 

◆「ytv漫才新人賞決定戦」と「NHK上方漫才コンテスト」での優勝おめでとうございます。あらためて、身に染みて反響の大きさを感じることはありますか?

きん:ありますね。特に「NHK上方漫才コンテスト」に出場した時は、地震の影響で放送が延期になってしまい、先に優勝者が発表されるという特殊な形だったのでいつも以上に注目度が高かったみたいで。結果を知った状態でネタを見ていただくのも初めてのパターンだったので、「何でこいつらが優勝やねん!」って危うく炎上するところだったと思いますけど(笑)、結果的に良い方に行ったんじゃないかなと思います。

原田泰雅:僕は岸和田出身なんですけど、久しぶりに地元に帰ったら近所のおばちゃんたちから「ビスケット君!」って呼ばれるようになっていて(笑)。昔は「泰雅君」って呼んでもらっていたんですが、恐らく放送を見た上でコンビ名に影響されたんでしょうね、原形がなくなっていました。

きん:歴史ある番組やから、影響力の大きさを感じるよな。

原田:そうそう。幅広い世代の方々が見てくださっていたんだなと思いましたね。

◆大きな賞レースで優勝を果たした後、勢いづいてきたなという実感は?

原田:正直ないんですよね。そもそも僕たちの同期が霜降り明星、コロコロチキチキペッパーズ、ニッポンの社長とかでみんな勢いがすごいので…。

きん:例えるなら、みんなが新幹線のような速さで行くところを僕らがチャリで「追いつけるぞ!」と思って必死になっているような感覚(笑)。もちろんチャリもいい乗り物だけど、それくらい差があるような気がしますね。

原田:ただ、めちゃくちゃ頑張って漕いではいるからバイタルは強くなってるかもしれないな(笑)。

きん:そうやな。ありがたいことに周りが優秀だからこそ刺激になる部分はあります。それこそ後輩がM-1の決勝に進んだりもしていますし、刺激を受けながら必死にやっている感じはしますね。賞という形で結果を残すことができた時に、あらためてせいやが「“上方”は僕らが取れなかった賞だからすごいな」って連絡をくれたり、粗品も「やったな!」って声を掛けてくれたりして。東京の同期はもちろん、大阪の同期も絆が強くて、先に売れて行った人たちが僕たちのように残った者にも手を差し伸べてくれるような温かみが感じられてありがたいです。

原田:そうですね。僕らも早く手を差し伸べられるようにならないとアカンなと。

きん:けど、そのころにはもう周りに誰もおらんかもしれへんよな。

原田:なんて言ったって新幹線やからな。じゃあ、かわいい顔した後輩だけに差し伸べるか…。

きん:恐いな! どこ連れて行くねん!

原田:この前、金の国の子に銭湯行こうって誘ってたやろ? あれのほうがよっぽど怖いで!

きん:顔がかわいいねんもん。もちろん性格もええけど。

原田:確かにめっちゃかわいいな。ネタもええし、顔もええ。

◆でもお2人もファッション誌のイケメン特集に出られていましたよね?

きん:そうなんですよ(ドヤ顔)。それはめちゃくちゃありがたいです。僕らも「イケメンですね」って言われたらイケメンの顔をするので。変幻自在なんです。

原田:今までイケメンと言ってくれる人が自分しかいなかったので、ファッション誌という強力な味方がついたような感じはします。そう言われてから、ちょっとでもシュッとなれるように常にダイエットしてますもん。

きん:せやな。成功はしてないけど果敢に挑むことはしてるなぁ。

原田:太ってていいことないもん。キャラ立ちはしやすいかもしれへんけど。

◆キャラといえば、2人の個性も魅力の一つですよね。ご自身ではどんなところが売りだと考えていますか?

原田:こんな容姿の2人でコントをやってる人たちはまずいないんじゃないかと思います。僕らがよく言ってるのは、安田大サーカスの団長さんがいないような感じ(笑)。ハマったらどこまでも受けてもらえるんじゃないかなと。逆に言うと、万人受けはしないから何をやっても無理な時は無理だと思いますけど。

きん:あと僕たちはデブってことを嘆いてますけど、2人でいる時も「あれがうまい」「これがうまい」っていう前向きな話ばかりしているんですよね。なので僕たちを見てもらえれば、痩せなくていいってって思ってもらえるかもしれないですね。この体型でいいことがあるかは別として。

原田:ラジオでもほとんど食の話してるもんな。作家さんも笑ってくれて安心するけど、その作家さんも太ってるという。

きん:そうやな(笑)。俺らの体重合わせると200kg超えるから、その数字のインパクトだけはあるかもしれないですね。

  1. 1
  2. 2