『M-1グランプリ2020』始動!ミルクボーイが前回ファイナリストに生電話で報告 | TV LIFE web

『M-1グランプリ2020』始動!ミルクボーイが前回ファイナリストに生電話で報告

バラエティ
2020年07月03日

「全国の漫才師に告ぐ!M-1始動を生電話報告」

「全国の漫才師に告ぐ!M-1始動を生電話報告」が7月2日にライブ配信され、『M-1グランプリ2020』の大会概要が発表された。スタジオには前回王者のミルクボーイが登場し、2019年のファイナリストたちに生電話した。

「全国の漫才師に告ぐ!M-1始動を生電話報告」

『M-1グランプリ2020』は、例年とは異なり、1回戦は無観客で行い、3回戦なしの1回戦、2回戦、準々決勝、準決勝、敗者復活戦のスケジュールで実施。予選における実演方法の詳細は、7月22日(水)に公式HPで発表される予定。

ライブ配信では、司会の川島明、ヒロド歩美アナが大会概要を説明したのち、2019年のベストアマチュア賞を発表。受賞したラランドは「今年は満を持してプロとしてM-1に出させていただきます」とコメントした。

「全国の漫才師に告ぐ!M-1始動を生電話報告」

続いて、ミルクボーイがM-1開催を報告すべく、芸人たちに生電話。最初にミルクボーイが選んだのは見取り図・盛山晋太郎。川島からエントリーについて尋ねられ「しますします!めちゃくちゃします」と即答した盛山は、自粛期間中のネタ作りなども猛アピール。しかし川島からは「滑舌だけは大事に」と昨年の決勝での“爆竹を食べて、かんでしまった”ことをいじられた。

「全国の漫才師に告ぐ!M-1始動を生電話報告」

2人目はニューヨーク・屋敷裕政。昨年のM-1決勝のトップバッターの裏側を聞こうとするも、回線トラブルが発生。かけ直すもつながらず、川島が「次いきましょう!」と締めて3人目のミキ・昴生へ。

「全国の漫才師に告ぐ!M-1始動を生電話報告」

駒場孝から「みんなが知ってる人気者」と紹介された昴生は、配信を見ていなかった様子でしどろもどろ。しかしM-1出場については「出ます出ます!昨年はくやしかったので、今年こそ優勝したい。どっかからミキが優勝候補やなという噂も聞こえているので」と。

川島が「あんまり僕はその噂聞いてないですけど、どこからですか?」とツッコむと、すかさず昴生が「僕らの実家からですけど…」と答え、スタジオの面々を笑わせた。

さらに、結腸炎で入院していた昴生を気遣い、川島が「お身体は大丈夫ですか?性病でしたっけ?(笑)」とボケると、昴生は「そんな人聞いたことあります?もう下半身もばっちりなんで!」と全快を報告した。

4人目は内海崇が「昨年のファイナリストで若手のホープ」と語るからし蓮根の杉本青空。昨年、決勝当日に地元の町役場でパブリックビューイングが行われたことをうれしそうに報告し「今年は本調子で優勝します!」と宣言した。

「全国の漫才師に告ぐ!M-1始動を生電話報告」

5人目は、東京ホテイソンのたけるが「事務所の先輩・サンドウィッチマンの期待にも応えられるように頑張りたい」と、6人目は、すゑひろがりず・南條が「やりましょうぞ!」と狂言口調で参戦を表明。

「全国の漫才師に告ぐ!M-1始動を生電話報告」

配信も後半に入り、電話をかける人に悩む内海は「ほんまに気になるのは“和牛さん”。出ないとはおっしゃっていましたが、まだ出場資格はあるので…。でも先輩なのでやめときますかー」とぽつり。

「全国の漫才師に告ぐ!M-1始動を生電話報告」

そして、電話がつながらなかった7人目のマヂカルラブリー・野田クリスタルから折り返しが。『R-1ぐらんぷり2020』王者・野田クリスタルは「2個めのトロフィーが欲しい」と語りつつ、「待たせている方がいるので。あの人にもう1回ネタを見てもらいたい」と審査員・上沼恵美子との再会にも期待を寄せた。

続いて、ミルクボーイがEXIT・兼近大樹を選ぶも電話に出ず、ニューヨーク・屋敷に再びチャンス到来。屋敷は「よかったー、死ぬかと思った」と安堵し「ネタはまだ1本も作ってないですが、ここからやろうかな」と意気込みを語った。

「全国の漫才師に告ぐ!M-1始動を生電話報告」

そして、駒場が「M-1と言えば」と語る、サバンナ・八木真澄と“ザ☆健康ボーイズ”を組むなかやまきんに君に生電話。ところがきんに君は配信を見ておらず、キャラとは真逆のローテンション…。あきれた川島がいったん電話を切ってかけ直すと、きんに君は「パワー!」とおなじみのギャグを全力で披露。最後もしっかり強制終了され、ライブ配信を締めくくった。

番組情報

『M-1グランプリ2020』
公式HP:http://www.m-1gp.com

©ABCテレビ