JO1×最強漫才師×アスリートが三つどもえ対決!『ネプリーグSP』7・20放送 | TV LIFE web

JO1×最強漫才師×アスリートが三つどもえ対決!『ネプリーグSP』7・20放送

バラエティ
2020年07月20日

『ネプリーグSP』

7月20日(月)放送の『ネプリーグSP』(フジテレビ系)は、JO1チームVS最強漫才師チームVSアスリートチームの三つどもえ対決を送る。

JO1チームは、メンバー11人がそろって登場。最強漫才師チームは、かまいたちとミルクボーイ。アスリートチームは武井壮、武田修宏、長嶋一茂が参戦する。

1stステージは、誰もが知っているモノの写真を見て名前を答える「ブレインタワーゴールド」。JO1から最初に挑戦するのは、現役高校生の豆原一成とダンスリーダーの川尻蓮。さらに、事前テストを実施した結果、見事満点をたたき出した川西拓実と白岩瑠姫が挑む。

最強漫才師チームのかまいたち・濱家隆一は「言葉を扱う職業としてちゃんとやっていきたい」と意気込む。さらに、ミルクボーイも「僕らも粉ミルクちゃん(ファン)たちのために頑張ります」と、JO1に対抗心を燃やす。

2ndステージは、あらゆる分野から出題された問題にひとり1文字ずつ解答し、全員で5文字の答えを完成させる「ハイパーファイブリーグ」。JO1は、自分たちのあいさつ「Go to the top JO1です!」を披露し、気合を入れて臨む。しかし、アーティストなら知らないと恥ずかしい、世界的な音楽賞の名前で珍回答が…。

最強漫才師チームは、関西出身なら知らないといけない常識クイズでミルクボーイが大失態。アスリートチームは、『ネプリーグ』ではいつも冷静な長嶋一茂が「パニクっちゃったよ…」と珍しいミスを犯してしまう。

3rdステージは、さまざまなモノの割合を答える「パーセントバルーン」。JO1チームは最後の回答者にリーダーで最年長の與那城奨が登場。堀内健は「こういう時に最後に決めるのがリーダーだから!」とプレッシャーをかけるが、 與那城はチームの期待に応えることができるのか。

最強漫才師チームは、割る数を1人10個までとルールをつけて挑戦。しかし、トップバッターのキャプテン・名倉潤がまさかの大誤差で不穏な空気に…。

4thステージは、『広辞苑』や『現代用語の基礎知識』に掲載されている、当たり前に使われる常識ワードの意味を正しく使ってオリジナルの例文を作る「例文サロン」。JO1の鶴房汐恩は「うんちくや知識が豊富で一番賢いです!」と意気込む。同志社大卒の河野純喜も「自信あります!」と余裕の表情を見せるが、果たしてJO1の文章力は?

最強漫才師チームの山内健司は「全言葉把握しております!!」と漫才師としてのプライドを見せるが、現代用語の言葉に悪戦苦闘する。

アスリートチームの長嶋は、ニュースや情報番組で頻繁に耳にする常識ワードを華麗に解答し、堀内健は「さすがコメンテーターしてるだけあるね」とべた褒めする。

5thステージは、10個以上正解がある常識問題を制限時間内に答える「ハイパーボンバー」。最強漫才師チームは、『広辞苑』に掲載される言葉で、名倉&かまいたち山内が足を引っ張り、責任のなすり付け合いが始まる。一方、JO1チームは豆原が冷静に答えていくが、後半で大平祥生が行き詰まり頭を抱えてしまう。アスリートチームはボーナスステージのトロッコまであと一歩のところで、武田修宏がキーマンに。この三つどもえ対決を制するのはどのチームなのか。

さらに、特別企画としてJO1のメンバーがネプリーグ参戦に先立ち“予習テスト”を敢行。メンバーが意気込みを語った「ネプリーグ勝利宣言動画」が7月19日(日)にJO1公式Twitterで公開予定。また、収録後に行われたファンに向けた「メッセージ動画with堀内健」もオンエア後にネプリーグ公式Twitterで独占公開予定。

  1. 1
  2. 2