重岡大毅が志村けんさんを見続けてきたテレビディレクター役に「大変不思議な感覚になりました」 | TV LIFE web

重岡大毅が志村けんさんを見続けてきたテレビディレクター役に「大変不思議な感覚になりました」

バラエティ
2020年07月25日

24時間テレビ

8月22日(土)~23日(日)放送の『24時間テレビ43』(日本テレビ系)の中で、志村けんさんを題材としたスペシャルヒューマンストーリーが放送。ジャニーズWEST重岡大毅が主演を務める。

スペシャルヒューマンストーリー『誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-』は、“コントの神様”志村さんの知られざる素顔を、ドキュメント映像、ドラマ、音楽を融合して描くプログラム。重岡は、志村さんの冠番組である『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)で志村さんの姿を長く見続けてきたテレビディレクターを演じる。

生涯をかけて芸の道を歩み、笑いを生み出し、世の中の人々に届け続けてきた志村さんだが、周りの人々にさえ自身の素の姿を語ることを避けていた。しかし、2004年に長く守り続けた自身のルールを変える、ある出来事が。自分をさらけ出すことを良しとしていなかった志村さんに起きた変化と、抱え続けてきた知られざる思いが明らかになる。

重岡大毅(ジャニーズWEST)コメント

今回、スペシャルヒューマンストーリーとして、主演のお話を頂いた時は、『とにかく頑張るぞ!』という気持ちと、『焦ったらアカン』という気持ちで揺れ動く、大変不思議な感覚になりました。
僕にとって志村さんは、老若男女から愛されるお茶の間の人気者で、『テレビつけたら、いつもいる』という、ものすごく温かいイメージがあります。
今回、『天才!志村どうぶつ園』を始める時から志村さんとずっと共に歩んできたディレクター役を演じますが、志村さんに触れさせていただく中で、『職人』だったり、『責任を背負い仕事を頑張る大人ってどういうことなのか?』を学ぶことができたら嬉しいです。
ドラマとドキュメントと歌が融合する新たな試みでもあり、色んな人に話を伺いながら、相談しながら、『ワンチーム』で動いていきたいです。
僕なりのメッセージを届けられるよう、精一杯頑張ります。

番組情報

『24時間テレビ43「スペシャルヒューマンストーリー
誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」』
日本テレビ系
8月22日(土) 後9・00ごろ放送
出演:重岡大毅(ジャニーズWEST)

『24時間テレビ43』
日本テレビ系
8月22日(土)後6・30~翌23日(日)後8・54
テーマ: 「動く」
メインパーソナリティー:井ノ原快彦(V6)、増田貴久(NEWS)、北山宏光(Kis-My-Ft2)、重岡大毅(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)
24時間テレビサポーター:徳光和夫
総合司会:羽鳥慎一、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)