フジ新人アナが参戦!日本代表VS世界選抜が対決『ネプリーグSP』8・24放送 | TV LIFE web

フジ新人アナが参戦!日本代表VS世界選抜が対決『ネプリーグSP』8・24放送

バラエティ
2020年08月24日

『ネプリーグSP』

8月24日(月)放送の『ネプリーグSP』(フジテレビ系)は、日本代表チームVS世界選抜チームが対決する。

日本代表チームは、石川和男、長嶋一茂、豊崎由里絵、岡部大(ハナコ)、安東弘樹、佐久間みなみ、德田聡一朗、渡邊渚。世界選抜チームは、モーリー・ロバートソン、フローラン・ダバディ、村雨辰剛、ピーター・フランクル、ロバート・ボールドウィン、ラッセル・グドール、小原ブラス、チャド・マレーンと日本に詳しすぎるメンバーが参戦する。

1stステージは、知らないと本当に恥ずかしい、世界共通の常識を答える「世界ドメジャーリーグ」。日本代表チームのフジテレビ新人アナウンサー・渡邊、佐久間、德田は、序盤は順調に正解するも、難易が上がるにつれボロボロに。これには岡部も「テレビに映ろうと、良くない若手みたいになっている」と注意する。

2ndステージは、常識的な日本語に関する問題が出題される「日本語ツアーズバギー」。世界選抜チームのトップバッター・村雨は「家でいろいろ(本を)読んだり、書いたりしていたので、大丈夫だと思う」と。対する日本代表チームのトップバッター・渡邊も「漢検準1級持っている」と自信を見せる。

3rdステージは、さまざまなモノの割合を答える「パーセントバルーン」。世界選抜チームは、外国人とはいえ長い間日本に住んでいるメンバーが挑戦。日本代表チームは、佐久間が女性の性格に関する問題に挑戦する。

4thステージは、『広辞苑』や『現代用語の基礎知識』に掲載されている、当たり前に使われる常識ワードの意味を正しく使ってオリジナルの例文を作る「例文サロン」。世界選抜チームは、日本に来て24年目になるダバディが「ずさん」を使った例文を披露し、スタジオにいる一同が大爆笑。日本代表チームは、元・毎日放送アナウンサーの豊崎が「アナウンサー6年半していたのでここは」と意気込む。

5thステージは、答えが10個以上ある問題に10人で1個ずつ答える「ウルトラボンバー」。世界選抜と日本代表、最後に勝利を手にするのはどちらのチームなのか。

番組情報

『ネプリーグSP』
フジテレビ系
2020年8月24日(月)後7時~9時

©フジテレビ

この記事の写真