「新宿LOFT」からミュージシャン4人の自慢のお宝を鑑定『開運!なんでも鑑定団』 | TV LIFE web

「新宿LOFT」からミュージシャン4人の自慢のお宝を鑑定『開運!なんでも鑑定団』

バラエティ
2020年08月30日

なんでも鑑定団

9月1日(火)放送の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)は、緊急特別企画「ミュージシャンのお宝鑑定大会」を送る。

ROLLY、ウルフルケイスケ、蒼山幸子(元ねごと)、Bunta(TOTALFAT)のミュージシャン4名が「本気で自慢したい」とっておきのお宝を持って登場。BOØWYやサザンオールスターズなど数々のミュージシャンが出演した伝説のライブハウス「新宿LOFT」で収録が行われた。

ROLLYは新型コロナの影響でイベントが全て延期・中止になり、月収が2万1160円になってしまったと告白。祖父が遺したボロボロのお宝で起死回生を狙う。一度聞けばクセになる、自粛期間中に作ったという曲も披露する。

なんでも鑑定団

ウルフルケイスケのお宝は、資産家だった祖父が手に入れた人形。長年家族で名前を付けて楽しんできたが、背筋がヒヤッとする怖い裏話も明かす。蒼山幸子は祖母が若き日に大枚を叩いて購入したお宝を持参。「おしゃカフェとかにありそう!」と語る蒼山に、ROLLYとウルフルケイスケも「欲しい!」と名乗りを上げる。Buntaは、今回の出場がきっかけで曽祖母が“とある有名画家”の親戚だと判明。その縁で譲り受けたスゴいお宝に衝撃の鑑定結果が飛び出す。

なんでも鑑定団

そのほか、芸能生活50周年を迎える春風亭小朝が秘蔵のお宝を披露。ミュージカル女優・入絵加奈子は鑑定団の大ファンである父の願いを叶えるべく、家宝を持って登場。さらに、病で急逝した夫が遺した“神の手を持つ男”が造った幻のワインに驚きの鑑定結果が。

番組情報

『開運!なんでも鑑定団』
テレビ東京系
2020年9月1日(火)後8・54~9・54

この記事の写真