嵐・二宮和也が念願の『脱力タイムズ』初出演!「一視聴者として早く見てみたい(笑)」 | TV LIFE web

嵐・二宮和也が念願の『脱力タイムズ』初出演!「一視聴者として早く見てみたい(笑)」

バラエティ
2020年10月01日

『全力!脱力タイムズ』

10月2日(金)放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)は、二宮和也(嵐)と伊達みきお(サンドウィッチマン)がゲスト出演し、70分の拡大スペシャルで送る。

今回は、二宮に次の仕事が控えているため、ほぼ編集なしの“疑似生放送”のスタイルで収録が進められることに。オープニングでは、二宮が念願の番組初出演の喜びを語る一方で、伊達が時間短縮のためにコメントを簡潔にまとめるよう求められ、不安を募らせ始める。

『全力!脱力タイムズ』

特集は『全力!脱力タイムズ』ファンを公言する二宮が、番組を愛するが故に感じている問題点を挙げ、改善策を考えていこうという緊急持ち込み企画「放送6年目の脱力タイムズを考える」。スタジオには、そんな二宮の厚意に応えようと、岸博幸、吉川美代子、齋藤孝、出口保行、そしてリモート出演の五箇公一と、解説員の面々が集結。メーンキャスターのアリタ哲平、キャスターの小澤陽子アナウンサーも含めた出演者全員で、より良い番組づくりを目指し、討論を繰り広げていく。

『全力!脱力タイムズ』

まず、二宮が指摘したのは「報道番組なのに、報道に関する話題が少なすぎる」という問題。すかさず反論を試みるアリタに対し、二宮は過去の放送のVTRを紹介しながら、自説を実証してみせる。

すると、五箇も二宮に同調し「番組のリーダーであるアリタさんが襟を正すべきだ」と主張する。不服そうな表情を浮かべつつも、疑似生放送のため、「まぁ、分かりました。それではここで、いったんCMです」とトークを締めくくるアリタ。そしてCMが空けるとある異変が起こり始め、スタジオは不穏な空気に包まれる。

その後、二宮が「パネルや字幕に誤植が多すぎ」「ゲストコメンテーターの失態を放送しすぎ」といった問題点を挙げるたび、その一つ一つを真摯に検証する解説員の面々。

『全力!脱力タイムズ』

その一方で、不可解な言動を繰り広げるアリタ。そして、スタジオに充満していく殺伐とした空気に、ひとり戦々恐々とする伊達。それぞれの思惑が渦巻く中、スタジオはやがて、世にも恐ろしいカオスな空間と化していく。

「THE美食遺産」は、滝沢カレンが伊達もひいきにしているという東京・板橋にある精肉店の“メンチカツ”をナビゲートする。

  1. 1
  2. 2