芸能界目利き王は誰だ!?『開運!なんでも鑑定団』10・6放送は秋の超絶お宝3時間SP | TV LIFE web

芸能界目利き王は誰だ!?『開運!なんでも鑑定団』10・6放送は秋の超絶お宝3時間SP

バラエティ
2020年10月04日

10月6日(火)の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)は、「芸能界目利き王は誰だ!? 秋の超絶お宝3時間スペシャル!」を放送する。

今回の「芸能界目利き王決定戦」では、番組司会10年目に突入した今田耕司をはじめとする6組の芸能人軍団が優勝賞品を懸け、本物のお宝を当てる目利きでガチンコ勝負。焼物、絵画、大判、鉄道グッズにガレや隕石まで、ありとあらゆるお宝の価値を見極める。

優勝賞品は、なんと100万円相当のガレの花瓶。芸能人軍団の中でも特にガレを愛するMCの今田のとんでもない熱量で、かつてない大混戦へと発展していく…。

ゲストの土屋礼央は、日本画家である父から授かった「本物はおしゃべりが少ないからそこを感じろ。偽物はおしゃべりが過ぎる」というヒントを披露。はたして史上最激戦となった戦いを制し、「芸能界 目利き王」としてガレの花瓶を手に入れるのは一体誰なのか。

また、この勝負のためにスタジオに集められたものは、超貴重なお宝ばかり。ピカソと並ぶ20世紀巨匠の絵や、2500万円の超絶値お宝も必見だ。

出張鑑定では、山口県萩市にある山口県立萩高等学校を訪問。学校で出張鑑定を行うのは、番組史上初だ。吉田松陰・高杉晋作らを輩出した長州藩の藩校「明倫館」の流れを汲む県内最古の名門校である県立萩高校には、明治34年に日本で初めて設置された郡立図書館が併置されていたため、寄贈されたお宝が多数眠っているのだという。

出張鑑定には、“世界最古のお宝”や“豊臣秀吉にまつわる衝撃のお宝”など、超貴重な品が続々登場する。鑑定士も「実物を見たのは初めて」と驚いた大珍品に超絶値が…。

さらに、今年3月に終了した連動データ放送が、「芸能界目利き王決定戦」の開催を記念して、6日放送日限りで復活。リモコンのdボタンを押すと番組内で実施される芸能界目利き王決定戦の問題に挑戦することができる。

正解した視聴者には1万円分のクオカードが当たるチャンスも。詳しい操作方法は、データ放送画面内でも確認できる。超貴重なお宝が勢ぞろいする機会と、1万円分のクオカードが20名に当たるチャンスのどちらも見逃せない。

<動画>

開運!なんでも鑑定団

<番組情報>

『開運!なんでも鑑定団』
テレビ東京系
2020年10月6日(火)後6・55〜9・54放送

司会:今田耕司、福澤朗
ゲスト:大和田伸也、アンミカ、土屋礼央、アンガールズ、小島瑠璃子

<WEB>

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/