永島優美アナ、占いに戦々恐々!?「いろいろ言えないことも…(笑)」『突然ですが占ってもいいですか?』10・14放送 | TV LIFE web

永島優美アナ、占いに戦々恐々!?「いろいろ言えないことも…(笑)」『突然ですが占ってもいいですか?』10・14放送

バラエティ
2020年10月14日

『突然ですが占ってもいいですか?』

10月14日(水)放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)は、石川恋、生見愛瑠、榎並大二郎アナ、永島優美アナ、藤井弘輝アナがゲストで登場する。

『突然ですが占ってもいいですか?』

まず登場するのは、榎並アナと藤井アナ。共に人気アナウンサーだけに、沢村一樹は「フジテレビの忖度があるかも(笑)」と疑いの目を向けるが、当の2人は不安な表情を浮かべながら博多の人気占い師・木下レオンと初対面を果たす。

そして占いが始まると、レオンは早速2人の過去を次々と“LOCK-ON(的中)”。それぞれのアナウンサーを志すきっかけや転機となった番組など、意外なエピソードが明かされていく。

さらに藤井アナウンサーは、父・藤井フミヤや友人の木梨憲武、ヒロミらにまつわる思い出話も披露。学生時代の藤井アナに、木梨がある“ムチャぶり”をしていたことも発覚する。

また、2人の生来の性格を見抜いたレオンは、榎並アナに「××とのトラブルに要注意」と警告し、新婚4か月の藤井アナには、今後起こるかもしれない夫婦間の問題について忠告。藤井アナは「これは(妻に)オンエアを見せられませんよ!」と悲鳴を上げる。

さらにレオンは榎並アナに、将来を見据えたまさかの「目指すべき方向性」をアドバイスする。

『突然ですが占ってもいいですか?』

続いて、ティーン向けのファッション誌「Popteen」の人気モデル“めるる”こと生見が、ゲッターズ飯田の一番弟子・ぷりあでぃす玲奈と対面。明るく天然でいつも元気なイメージのめるるだが、ぷりあでぃすは、彼女が本来持っている真面目さや、しつけに厳しかった母親の思い出など、めるるの意外な一面を見抜いていく。

さらに、そんな彼女に最適の“ストレス発散法”を提案すると「それ、いつもメッチャやっています!」とめるるは大喜びする。

『突然ですが占ってもいいですか?』

女優としても活躍するモデルの石川恋は、、オリジナル占術「数意学」の創始者で琉球風水志のシウマと対面。得意の数意学で、石川の携帯電話の番号の下4ケタをさっそく鑑定し始めたシウマは、「スター性と強い意志を持つ、ものすごくいい数字」としながらも、彼女の決定的な“弱点”を指摘。そこから、本来の性格や恋愛観を掘り下げていく。

見事に本質を言い当てられた石川は「すごい!」を連発。そして最後に、自分を支えてくれた恩師とのエピソードを明かすと、突然号泣してしまう。

永島優美アナを占うのは、巫女の血筋を引く天星術師・星ひとみ。収録前、「(星の占いは)すごく当たるので、ちょっと怖い…いろいろ言えないこともあるじゃないですか(笑)」と意味深なコメントをしていた永島アナだが、占いがスタートするや否や、彼女の手相を見た星は「出てはいけない線が1本出ている…」と表情を曇らせる。そして、幼少時代に味わった挫折や、恋愛観などを次々に言い当てていき、永島アナを震え上がらせる。

さらに星は、将来の「結婚」「出産」についても鑑定。具体的な時期を占うだけでなく、冒頭の不吉な手相を引き合いに出し、ある危機が訪れる可能性さえ示唆する星を前にして、永島アナは半ばパニック状態に…。スタジオで見守るみちょぱも「こんなこと言っていいの?」と心配する。

番組情報

『突然ですが占ってもいいですか?』
フジテレビ系
2020年10月14日(水)後10時~10時54分

<出演者>
フォーチュンウォッチャー:沢村一樹、水野美紀、みちょぱ(池田美優)
占い師:木下レオン、星ひとみ、ぷりあでぃす玲奈、シウマ
ゲスト:石川 恋、生見愛瑠(めるる)、榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)、永島優美(フジテレビアナウンサー)、藤井弘輝(フジテレビアナウンサー)

©フジテレビ

この記事の写真