伊藤沙莉の“イっちゃってる・イっちゃってない”ゲームでナダルが窮地に…『全力!脱力タイムズ』11・6放送 | TV LIFE web

伊藤沙莉の“イっちゃってる・イっちゃってない”ゲームでナダルが窮地に…『全力!脱力タイムズ』11・6放送

バラエティ
2020年11月06日

『全力!脱力タイムズ』

11月6日(金)放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)は、伊藤沙莉と、お笑い芸人のナダル(コロコロチキチキペッパーズ)がゲスト出演する。

『全力!脱力タイムズ』

オープニングでは、ナダルの大ファンの伊藤が、ナダルのギャグを基に考案したというリズムゲーム「“イっちゃってる・イっちゃってない”ゲーム」を、出演者全員で実践してみることに。ナダルが答える側になり「焼き肉屋さん」→「イっちゃってない!」、「居酒屋」→「イっちゃってない!」と、テンポよく答えていくのだが…。ナダルは早くも窮地に追い込まれ、冷や汗をかき始める。

『全力!脱力タイムズ』

特集のテーマは「ニッポンの現代社会で問われる“教える力”」。新型コロナウイルスの影響で、急速に普及しつつあるリモートワーク。通勤や残業の時間削減、生産性の向上といったメリットが注目されがちだが、その一方でリモートでの人材育成に難しさを感じる企業が増えているという。

そこで今回は、教育のプロでもある番組解説員の齋藤孝が、リモートでも人材を育てることのできる“教える力”を徹底解説。“教える力”を身につけるには「子供に難しいことを解説する」ことが有効なトレーニングになる、という齋藤の提案により、伊藤とナダルが、小学校の授業さながらに、教室に集まった子供たちと対面し、彼らの質問に答えていく。

まずは「どうすれば夢はかなうの?」という質問に、伊藤が答えることに。自身の体験談を交えて分かりやすく、そして優しく、夢を持つことの大切さを子供たちに説いて聞かせる伊藤の“教える力”に、齋藤をはじめ、出演者一同は感心しきり。

『全力!脱力タイムズ』

続いて「オリンピックは本当にあるの?」との質問に答えるべく、ナダルが教室へ。しかし、やたらとオリンピック事情に詳しい子供たちの質問攻めにあい、半ば逆ギレ状態のナダル。この惨状を見かねたメーンキャスターのアリタ哲平は、齋藤が“合格”と認めるまで授業を続けるよう、ハッパを掛けるが…。かくして、ナダル先生の“地獄の授業”が幕を開ける。

『全力!脱力タイムズ』

  1. 1
  2. 2