谷村美月、舞台で共演の劇団Patchの第一印象は「思っていたよりは静かな方たち(笑)」 | TV LIFE web

谷村美月、舞台で共演の劇団Patchの第一印象は「思っていたよりは静かな方たち(笑)」

バラエティ
2020年11月10日

ピーチケパーチケ

11月11日(水)の『ピーチケパーチケ』(カンテレ)に、カンテレ×劇団Patchプロジェクト 音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』に出演する女優・谷村美月が登場。

2002年に女優デビューした谷村は、これまでNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』や『深夜食堂』シリーズなど数々のドラマや映画の映像作品に出演。舞台出演も多く、12月に大阪、来年1月に東京で上演する『マインド・リマインド~I am…~』ではヒロイン役を務める。

劇団Patchのメンバーが演じる主人公の“僕”に、ある疑惑を抱かれる“彼女”役を演じる谷村は、メンバーの印象について「12人いらっしゃる内の半分、6人だけはお会いしました。思っていたよりは静かな方たちで(笑)」と年上の貫禄が垣間見えるエピソードを披露。

ピーチケパーチケ
谷村美月

中山優馬から「谷村さんも関西の方なんですよね?」と聞かれると「大阪の堺と公表しています」と明かし、「東京で作った舞台を大阪に持ってくることの方が多く、大阪で作って東京に持って行くのは今まで経験したことがなかったので、違った取り組み方になるだろうなと思っています」と地元愛をちらり。

ある特定の香りから記憶が呼び起こされる“プルースト現象”の音楽版となる本作の台本を読んだ印象については、「近未来を舞台にした物語ということで、今までに読んだことのない不思議な無機質な感じ。演じる方も、見せ方もいろいろなアプローチがあると思います」とコメントした。

共演する劇団Patchメンバーが過去に『ピーチケパーチケ』のスタジオ出演権を懸けて自己PR合戦をした時のロケについて兵動が、「そのロケをDVDに焼いて、資料としてお渡ししましょう」と谷村に提案。さらに「僕、まあまあおもろいこと言うてます!」と谷村に猛アピールすると、「でも、お父さんと同じなんです!」と谷村が衝撃のひと言を放ち、兵動らピーチケメンバーを驚かせる場面も。

ピーチケパーチケ
劇団Patch

他にも、谷村とWキャストでヒロインを演じる入山法子からのスペシャルメッセージのほか、12月に大阪で上演される『ハルシオン・デイズ2020』主演の柿澤勇人と作・演出の鴻上尚史の独占インタビュー、横山だいすけと小林よしひさが夢のタッグを組み、上原りさ、鈴木福、私立恵比寿中学、そして中川翔子も参戦し11月29日(日)に配信も行われる『Family Dream Live2020 とどけみんなのおうち From舞浜アンフィシアター』から、だいすけお兄さんのSPコメントも送る。

ピーチケパーチケ
入山法子

番組情報

『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』
カンテレ
11月11日(水)深1・25~1・55(関西ローカル)

公演情報

カンテレ×劇団Patchプロジェクト
音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』

出演:劇団Patch/谷村美月・入山法子(Wキャスト)/青山郁代、秦コータロー、齋藤晋介
日程:大阪/2020年12月26日(土)、27日(日)@サンケイホールブリーゼ
東京/2021年1月28日(木)~31日(日)@紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA

Web

番組HP:https://www.ktv.jp/pi-ticke/

この記事の写真