キスマイ二階堂高嗣が“消しゴムはんこ”で才能アリを目指す!『プレバト!!』11・26放送 | TV LIFE web

キスマイ二階堂高嗣が“消しゴムはんこ”で才能アリを目指す!『プレバト!!』11・26放送

バラエティ
2020年11月26日

『プレバト!!』

11月26日(木)放送の『プレバト!!』(MBS/TBS系)は、「俳句」と「消しゴムはんこ」の才能査定ランキングを送る。

「俳句の才能査定ランキング」は、初登場の清水ミチコと共に、橋本直(銀シャリ)、小手伸也、髙橋ひかる、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)が参戦。初挑戦となる清水は、はがき職人や、エッセーを書いてきた経験があるといい、「書くことは好きなんです!」とやる気十分。

また、前回才能ナシ最下位という結果に終わってしまった小手は「しばらくプレバトを見られなくなりました」とかなり凹んだという。今回の出来栄えについては、そのトラウマからか「パニックでしたね。端的に言って吐きそうです」とかなり弱腰の様子を見せる。

夏井いつき先生から出題されたお題は「箱根の紅葉」。果たして才能アリ1位を獲得するのは誰なのか。

さらに1ランク上を目指す昇格試験には、名人3段の立川志らくが登場。得意とする破調の句で昇格を狙う。さらに、永世名人・梅沢が俳句集出版に向けてチャレンジする「富美男のお手本」のコーナーも。「今回の俳句だけは150%自信があります」と自信を見せる梅沢だが、果たして掲載決定となるのか。

「消しゴムはんこの才能査定ランキング」は、鰻和弘(銀シャリ)と小手、髙橋、二階堂の4人が挑戦。

二階堂はグループメンバーにはまだ開拓されていない消しゴムはんこ査定で才能アリを獲得するべく、やる気に燃える。

また、自身のSNSで披露している“乳首アート”が話題の鰻は、そのアートセンスを消しゴムはんこでも発揮できるのか。1ランク上を目指す昇格試験には、名人4段の千原ジュニアが登場。今回もオリジナリティーを追求したジュニアだが、どんな作品を披露するのか。

消しゴムはんこ作家の田口奈津子先生の査定の下、新特待生が誕生する。

番組情報

『プレバト!!』
MBS/TBS系
2020年11月26日(木)後7・00~8・00

©MBS

この記事の写真