木村拓哉、的中連発の占いにノリノリ!小日向文世には“変態の星”『突然ですが占ってもいいですか?』 | TV LIFE web

木村拓哉、的中連発の占いにノリノリ!小日向文世には“変態の星”『突然ですが占ってもいいですか?』

バラエティ
2020年12月15日

『突然ですが占ってもいいですか?』

12月16日(水)放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に、木村拓哉、小日向文世がゲスト出演する。

今回は『教場II』をはじめ数多くの作品で共演している木村と小日向を、巫女の血筋を引く天星術師の星ひとみが占う。

さらに、木村はスタジオにも登場。自身が占ってもらう様子を振り返るほか、「リモート占い」や「開運行動」といった他のコーナーも全て見届け、フォーチュンウォッチャーの沢村一樹、水野美紀、みちょぱとトークを繰り広げる。

星の鑑定を受けることになった木村と小日向は、収録前から緊張の面持ち。木村が「ドラマの撮影よりもドキドキしている」と打ち明けると、小日向も「木村君のこんな表情を見るのは初めて」と驚く。

そんな木村は、星と対面し、占いが始まると、あまりの“LOCK-ON(的中)”ぶりに思わず目を見開く。

生年月日・姓名判断・血液型・顔相・手相など、さまざまな要素を混ぜ合わせた天星術で運勢を占う星は、木村のスターとしての資質や創造力の高さなどを指摘。それらを静かにうなずきながら聞いていた木村だが、星が挙げた“相性のいい数字”が自分の愛車のナンバーにぴったり当てはまることが発覚。

さらに、本人や家族でしか知り得ない家の中のあることを次々と言い当てられると、次第にテンションが上がり、「LOCK-ON~♪」と番組のジングルを思わず口ずさむ。

続いて、星は木村の過去にも迫る。デビュー以来、4つの大きな転機があり、今は迷せい期を抜けて、再スタートを切り始めた段階だという星の分析に、木村は「俺よりもテレビの前の人たちの方がうなずいてそうだね」と納得。さらに星は「木村さんは○歳まで今と変わらずに仕事を続けるはず」と、将来についても占う。

『突然ですが占ってもいいですか?』

一方、小日向に対しても、星は“LOCK-ON”を連発。「面倒くさがりのインドア派」「緊張してすぐに口元がカラカラになる」など、生来の性格を的確に見抜かれ、小日向は「まさにその通りです…」と冷や汗をかきながらも大きくうなずく。

さらに星は「小日向さんには変態の星が出ている」と衝撃発言。「木村さんは“フェロモンの星”、小日向さんは“変態の星”」という星の見立てに苦笑いする小日向だったが、その話をきっかけに、妻との仲の良さがうかがえるエピソードを披露する。

そして、2人が“私生活で気になっていること”として、病気やけがなどの健康運についても鑑定。2人それぞれに具体的なアドバイスを授けていく。星によると、小日向は“白のブリーフ”を履くと運が開けるというが、果たして、木村の“開運下着”とは…。

『突然ですが占ってもいいですか?』

好評企画「リモート占い」では、琉球風水志のシウマが、山梨に住むカップルとオンラインで対面。携帯電話番号の下4ケタの合計数字など、身の回りの数字から運気を判断する「数意学」で占うシウマは、2人の性格や過去を見抜き、互いの相性はぴったりだと太鼓判を押す一方で、2人が抱える悩みも看破。カップルが今後進むべき道を、優しくアドバイスしていく。

『突然ですが占ってもいいですか?』

特別企画「開運!!年末年始の過ごし方」では、番組が誇る占い師がオススメする、運気がアップすること間違いなしの“年末年始の開運行動”を公開する。

博多の有名占い師・木下レオンは、初詣の時期や参拝方法、また、来年の金運を上げるための秘策を伝授。シウマは“初日の出”にまつわる開運行動を紹介する。

そして、エンディングでは番組からの重大発表も行われる。

『突然ですが占ってもいいですか?』

番組情報

『突然ですが占ってもいいですか?』
フジテレビ系
2020年12月16日(水)後10時~10時54分

<出演者>
フォーチュンウォッチャー:沢村一樹、水野美紀、みちょぱ(池田美優)
占い師:星ひとみ、木下レオン、シウマ
ゲスト:木村拓哉、小日向文世

©フジテレビ