『マツコ会議』ひそかなブーム“ヤシの木”を購入する人たちにマツコ共感「なんかありかも」 | TV LIFE web

『マツコ会議』ひそかなブーム“ヤシの木”を購入する人たちにマツコ共感「なんかありかも」

バラエティ
2020年12月19日

『マツコ会議』

12月19日(土)放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、ヤシの木を購入する人たちと中継を結ぶ。

北関東を中心に、ヤシの木を購入することがひそかなブームになっている。そこで、まずは埼玉県入間市に住む夫婦と中継を結ぶ。夫婦は、南国の雰囲気が大好きで、ヤシの木を庭に植えたいという気持ちから築40年の中古物件を購入してリノベーション。既に何本かヤシの木を購入しているが、この日また新たに購入したヤシの木を庭に植えるのだという。

駆け付けたヤシの木専門店の社長・富田さんに話を聞くと、富田さんの店では4000坪の敷地でさまざまなヤシの木を取り扱っていて、年間約200本も売れているという。

『マツコ会議』

次は、群馬県前橋市で古紙問屋を営む夫婦と中継。会社の駐車場に約20本ものヤシの木を植えていて、1本1本に照明を設置して夜はライトアップをしているという。ヤシの木を購入した理由を聞くと、まとまった休みを取るのが難しいため、ヤシの木通りを作ってリゾート気分を味わっているのだそう。

会社の従業員も水やりをしたりと一緒に楽しんでおり、将来的にはコンテナハウスを増設して老後を楽しみたいと考えていると話す。

マツコ・デラックスも夫婦の話を聞いて「なんかありかもね、別に海がなくても。夢を植えてるじゃないけどさ、思いみたいなものが乗っかるじゃない、1本1本に。私もジャングルみたいなテラスとか作りたくなってきた」と共感する。

続いては、埼玉県行田市で接骨院を営む夫婦が登場。新築で家を建てた際にヤシの木を購入したそうで、ご主人は家を建てるときににはヤシの木を植えることを決めていて、西海岸風の外装を含めてヤシの木を購入したそう。さらに衝撃のこだわりエピソードを明かし、マツコを圧倒する。

番組情報

『マツコ会議』
日本テレビ系
2020年12月19日(土)後11・00~11・30