木村拓哉、TOKIOと初解禁トーク「放送しないほうがいいかもしれない」『TOKIOカケル』 | TV LIFE web

木村拓哉、TOKIOと初解禁トーク「放送しないほうがいいかもしれない」『TOKIOカケル』

バラエティ
2020年12月23日

『TOKIOカケル』

12月23日(水)放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、木村拓哉がゲスト出演。フジテレビバラエティ番組での共演は今回が初めてとなる。

30年以上の付き合いとなる木村とTOKIOは、ジャニーズJr.時代やデビュー秘話、さらにプライベートの交流など初解禁トークを繰り広げる。

“生まれてはじめて聞かれました”では、木村が「引くカードによって番組の流れが変わるんだよね」と話し、「さすが!いつも見てくれていますね!」とうれしそうなTOKIO。

そんな木村が選んだのは「今もDJやっていますか?」という長瀬智也からの質問。プライベートでも交流のある長瀬しか知らない木村の素顔が明かされる。一方、木村が長瀬に相談をもちかけたことがあるといい、TOKIOも知らなかった長瀬の意外なエピソードも。

また、長瀬は自身の趣味について木村の影響を受けたというが、木村が影響を受けた人物として名前を挙げたのは事務所の先輩・岡本健一。「放送しないほうがいいかもしれない」という、衝撃のエピソードとは…。

そして、TOKIOの中で木村と最も付き合いの長い城島茂の質問は「あの時が初だよね?」。上京したばかりの城島が、木村のおかげで“東京で○○デビュー”を飾ったという当時を振り返る。一方で、当時の城島の印象を聞かれた木村が、「合宿所の無限の住人」と称する城島の驚くべき印象を明かす。

国分太一は木村からもらったあるアイテムが「今の自分の基盤になっている」と語り、スタジオは温かな雰囲気に。しかし、そんな中、今だからこそ言いたい当時の不満をぶっちゃける松岡昌宏。木村がジャニー喜多川さんを大激怒させたある事件に巻き込まれてしまったエピソードを明かす。

©フジテレビ