次長課長・河本、5GAP、狩野英孝、千鳥・大悟がノッチの「このバカタレが!」ネタで対決『チャンスの時間』

バラエティ
2021年08月18日
『チャンスの時間』©AbemaTV,Inc.

千鳥がMCを務める『チャンスの時間』が、ABEMA SPECIALチャンネルで8月18日(水)後11時より放送される。

『チャンスの時間』©AbemaTV,Inc.

今回の放送では、以前、番組の人気企画「ノブの好感度を下げておこう!」でデンジャラスのノッチが披露した「このバカタレが!」というフレーズの“三段オチ”ギャグに可能性を見いだし“次に来るのはノッチさんではないか!?”と考えた番組が、ノッチの勢いに続く芸人を決める新企画「ノッチ杯」を開催する。次長課長の河本準一、5GAP、狩野英孝、さらに大悟を加えた4組が挑戦者として参加し、誰が一番うまく、かつ面白くノッチのネタをできるかで勝負。“本家”ノッチとゲストの元AKB48で女優・タレントの大和田南那が審査する。

オープニングトークでは、第1回「ノッチ杯」開催に当たり、ノブが「まさかあのノッチさんを見て、企画を考えてたなんて」と、大悟も「確かに大笑いした覚えはあるけども、まさかそれの1本軸でいくとは…」と発言。思い切った新企画に、2人は驚きを隠せない様子。

『チャンスの時間』©AbemaTV,Inc.

さらに“次に来るのはノッチさんではないか!?”という番組の見解に対し、ノブは「もう来てるのよ、ノッチさんは」と、大悟も「わしらが中学生くらいのときに一回来られてます」とコメントしスタジオの笑いを誘う。そんな中、今回の主役、ノッチがスタジオに登場し、デモンストレーションとしてネタを披露。千鳥は「笑わない人はいない」「最高!」と爆笑する。

『チャンスの時間』©AbemaTV,Inc.

その後、ノッチによる「このバカタレが!」ネタの心得やポイント解説を聞いたところで、いざ「ノッチ杯」がスタート。リズムネタや顔芸は得意分野であり「ノッチ杯」と聞いて勝機を見いだしてきたという5GAPをトップバッターに、「“三段オチ”はずっとやらせてもらっているので」と自信を見せる狩野が登場する。

『チャンスの時間』©AbemaTV,Inc.

さらに、千鳥が「これは強い!」「こういうのの申し子だから」と期待を寄せる河本へと続く。そして、ノブが「うちの大悟は得意中の得意」と太鼓判を押す大悟も満を持してエントリー。韻を踏みながら、絶妙なワードでオトす「このバカタレが!」ネタに人気芸人たちが大苦戦。さらに、ノッチの採点に挑戦者たちから不満も。果たして、第1回「ノッチ杯」優勝を飾るのは誰なのか。

『チャンスの時間』©AbemaTV,Inc.

番組後半では、夏の定番“怪談”が苦手な人でも楽しめるよう、怪談話の途中でガヤを入れ、誰が一番怖さをなくすことができるかを競う新企画「怪談ブレイクチャレンジ」を実施。“怪談師”として、ありがとうのありがとうぁみ、ナナフシギの大赤見ノヴを迎え、挑戦者として、ダイアンの津田篤宏、錦鯉の渡辺隆、ロッチのコカドケンタロウとノブの4人が参戦する。

『チャンスの時間』©AbemaTV,Inc.

津田は「バーニングツッコミNo.1決定戦!」に参加して以来の出演。「(バーニングツッコミで)大失敗してから…もう二度と呼ばれへんのちゃうかなと思ってたんですけど」と吐露し、笑いを誘う場面も。ノブに「チャンピオン大会をやるらしいんで、ぜひ」と声をかけられるも「僕、予選敗退のつもりなんですけど」と返す津田。大悟から「あなたは大悟の友達ということでシードです」と説明を受け、津田はさらに困惑の表情を浮かべる。

『チャンスの時間』©AbemaTV,Inc.

「怪談ブレイクチャレンジ」は、津田が先陣を切ることに。津田が新企画のトップバッターを飾ることに対し、大悟は「あんなもんが企画の趣旨を伝えるトップバッターできんやろ」「あいつが道を示したことが一回もない」とツッコむと、津田は「できるわ!」などと猛反論するが…。果たして、挑戦者たちは、見事怪談話の怖さを“ガヤ”で払拭し、楽しい話に変えることができるのか。

番組情報

チャンスの時間
ABEMA SPECIAL
2021年8月18日(水)後11・00〜

URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/CPGcm2MJzBSozw
番組公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC29qkYL1bp4aJDtGra8ZMuQ

この記事の写真

©AbemaTV,Inc.