マヂラブ野田クリスタルが“突破ドラマ”初出演 波瑠&上白石萌歌も絶賛の熱演『THE突破ファイル』

バラエティ
2021年08月18日

8月19日(木)放送の『THE突破ファイル』(日本テレビ系 後7・00~7・56)は、マヂカルラブリー・野田クリスタルが突破ドラマに初登場。市民のどんな依頼にも応える「なんでもスグやる課」の熱血課長を演じる。

全国の自治体などに存在する「すぐやる課」。側溝の清掃からヘビやカメの捕獲、過去には家出の息子を探してほしいなど、さまざまな依頼が舞い込んでくる。その中には、驚くようなものもあるという。

突破市役所の「なんでもスグやる課」は、市民からの依頼に応えていて、休む暇もないほど忙しい毎日を送っていた。そんなある日、スズメバチの駆除を終えたばかりの「スグやる課」に猿に畑を荒らされて困っているという男性がやってくる。

ニホンザルの雄は成長すると育った群れから離れ独り立ちし“離れザル”に。基本的には1匹~数匹単位で生活し、行動範囲が広いのが特徴。彼らに目をつけられると、畑の作物を全部食い荒らされてしまう。しかも、そこに居座るだけではなく、山から仲間を引き連れてくることも。そうなると、猿の大群が押し寄せ、市街地全体に被害が拡大してしまう恐れがある。

男性の依頼に応えるため「スグやる課」の課長・野田(野田クリスタル)と職員の筧(筧美和子)は早速、猿を退治する作戦を練ることに。まず、最初に花火で驚かせようとするが、全く効果なし。それどころか、猿が仲間を連れて戻ってきたため、数が増えてしまう。柵に電流を仕掛けるという方法もあるが、お金がかかりすぎて現実的ではない。「なんでもスグやる課」の面々は、お金をかけない撃退法はないものかと、頭を悩ませる。

果たして、農家の男性の悩みを解消する画期的なアイデアは浮かぶのか? 畑を囲うことがポイントになりそうだが、VTRの冒頭に登場した意外なものがヒントに。守らなければいけないという考えの逆転の発想から生まれた驚きの突破法とは。

スタジオゲストは、10回目の登場となる波瑠と、まだ一度も“突破”したことがない上白石萌歌。そんな2人から「全てが濃い」「目の力がすごい。いつまでも見ていられるなって思いました」という感想が飛び出した、野田の顔もハートも全て熱い芝居に注目だ。

『THE突破ファイル』
日本テレビ系
2021年8月19日(木)後7・00~7・56

この記事の写真