石橋貴明、舘ひろし激怒で対談打ち切りに顔面蒼白「これ以上やってもつまらない」

バラエティ
2021年10月25日
©AbemaTV,Inc.

ABEMAオリジナルシリーズ『石橋貴明プレミアム第12弾 祝・還暦!俺だってホントは叱られたいんだSP』が、10月23日(土)に放送された。

『石橋貴明プレミアムシリーズ』は、これまでに数々の伝説を残し、日本のエンターテインメントに革命を起こし続けている石橋が、“今インターネットテレビでやりたいこと”への想いを壮大なスケールで実現させるABEMAオリジナル番組。

第12弾となる今回の放送では、10月22日(金)に60歳の還暦を迎え、いよいよ誰からも怒られることがなくなった石橋の「人間として成長し続けるためにもう1度怒られたい!」という願いをかなえるべく、豪華大物芸能人に石橋が叱られるためのドッキリ企画を仕掛けた。

石橋は還暦を迎えてやりたいことについて「昔は諸先輩方がいろいろ教えてくれたり、叱ってくれて成長してきたんですけど、60歳にもなると怒ってくれる人がいない。俺を叱ってほしい!」とコメント。『石橋貴明プレミアム第4弾 恋する沖縄48時間ムーンビーチでタカさんチェック!』に続き、2回目の進行役を務める南海キャンディーズの山里亮太が、「タカさんまだ成長したいんですか!?」と驚くと、石橋は「なんとか193センチ…。つまり大谷選手くらいまでいきたい。あと12センチくらい大きくなりたい」と答えた。

さらに、これまでに怒られたことがある大御所について質問された石橋は、「お嬢(美空ひばり)にはかわいがってもらいました。怒られたことはなかったですけど。他にも怒られたことはないかも。褒めて伸びるタイプだったので、怒られると凹んだりふてくされていたので」と振り返った。

今回の放送では、石橋の還暦を祝うために石橋にとって芸能界の大先輩にあたる俳優・舘ひろしが登場。番組内では、長年の付き合いとなる2人の豪華対談が実施し、思い出トークに華を咲かせた。

しかし、この対談には、叱られたい石橋のために用意されたある仕掛けが。その仕掛けとは、別室で2人の対談をモニターで監視しているおぎやはぎの小木博明が、舘に叱られるような指示を石橋に伝えるというもの。小木の指示によって段々と失礼な言動を見せる石橋に対し、これまで笑顔だった舘もついに「なんか、つまらなくなってきちゃったね…」と席を立ってしまい、そこから会場の空気は一変。

石橋の表情も一気にこわばる中、舘は「おかしいよ、石橋君っぽくない。これ以上やってもつまらない、お互いにね」と石橋に愛あるお説教を始める。会場中に重い空気が流れる中、今回のテーマである「叱られたい」という願いがかなったということで、ドッキリのプラカードを持った小木が2人の前に登場。しかし、全く空気は変わらず、緊張からかなかなか表情を崩さない石橋。果たして、大先輩の舘に叱られてしまった石橋はこの後どうなってしまったのか。

さらに番組では、エイトブリッジ、きつね、次長課長の河本準一、ZAZY、とにかく明るい安村、TIM、錦鯉、ぺこぱ、見取り図といった人気芸人が石橋の還暦を祝うべく集結し、渾身のネタ披露や体を張って石橋に笑顔をプレゼント。番組の最後に、石橋にサプライズのケーキ爆破ドッキリを敢行すると、石橋がまさかの激怒。石橋のリアクションを見て、不穏な空気を感じた芸人たちは、全員表情が硬くなり言葉を失ってしまう。

きつねの淡路幸誠が「もう終わったと思った」とあまりの怖さに涙を見せた衝撃の結果をはじめ、石橋と舘のここでしか聞くことができない貴重な対談の様子は、ABEMAで7日間無料視聴が可能。

番組情報

『石橋貴明プレミアム第12弾 祝・還暦!俺だってホントは叱られたいんだSP』
ABEMA SPECIAL2チャンネル

放送URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/E95zVQVTEuukE3
特別映像URL:https://abema.tv/video/episode/90-1589_s1_p201

この記事の写真