『M-1グランプリ2021』第17代王者は錦鯉!“史上最年長王者”長谷川雅紀「一番感謝してるのは相方・渡辺隆」

バラエティ
2021年12月20日

 

M-1グランプリ2021』優勝者会見が行われ、史上最多となる6017組の中から第17代王者に輝いた錦鯉が登壇した。

会見では、渡辺隆が「夢のようでまだ全然実感が湧いてないですね。本当に現実なのかな」と今の心境を吐露。長谷川雅紀は、優勝の瞬間に号泣した理由について「結果が出たときに相方が僕に抱きついて『ありがとう』って言ったので涙が出てきちゃって。普段、人に『ありがとう』って言う人じゃないから、ギャップで(笑)」と明かすも、「一番感謝しているのは相方。結成したとき相方は33歳で僕は40歳。前のコンビを解散して芸人を辞めようと思ってたときに声をかけてもらった」としみじみ語った。

また、決勝に向けて事務所の先輩であるハリウッドザコシショウやバイきんぐにネタを見てもらい、「最終的にはやりたいようにやれと言われました」と背中を押してもらったエピソードも告白。

「優勝を誰に伝えたいか」という質問では、渡辺は「一緒に住んでいる父親」と即答。長谷川も地元・北海道にいる母親に「去年までアルバイトをしていて、電話をするたびにお金を借りていた。優勝を喜んでくれていると思う。旅行とかもこれからしたい」と感謝の気持ちを語っていた。

さらに「2人にとって漫才とは」と尋ねられ、渡辺は「今まで“仕事”って答えてたんですけど、仕事以上のものになりそう。僕も漫才が何だか分からないです」、長谷川は「漫才のおかげで人生が変わった。これからがスタートなのかもしれませんね」と。

今後については、渡辺が「漫才の頂点に立てたので、漫才に貢献していかないと。全国を周ったり、たくさんの人に漫才を見てもらいたい」と。長谷川は「松本人志さんの言葉で『魂は年を取らない』という言葉が大好き。おっさんだから何かができないということではなく、50歳超えても頑張っていこうという気持ち」と意気込んでいた。

©︎M-1グランプリ事務局

この記事の写真