声優・武内駿輔が『ものまねグランプリ』初出場で初優勝!「師匠の神奈月さんに感謝です」

バラエティ
2021年12月22日

12月21日(火)に放送された『ものまねグランプリ ザ・トーナメント2021』(日本テレビ系)で声優の武内駿輔が初出場で初優勝を果たした。

今回は、常連のコロッケ、山寺宏一、ホリらのほか『M-1グランプリ』優勝の錦鯉やきつねなど新星も続々登場し、23組の出場者が「ものまね王者」の称号を懸けて渾身のモノマネを披露した。審査員による採点で、荒牧陽子、武内駿輔、友近、山寺宏一が決勝に進出。決勝で武内は福山雅治のモノマネを披露。生放送で行われた視聴者投票で圧倒的な票数を獲得し、ものまね日本一に輝いた。

放送後に行われたリモート会見で、優勝した心境について武内は、「自分にものまねをやるきっかけをサポートしてくださった神奈月さんは一番大きい存在です。なので、神奈月さんにいい恩返しができた結果になったんじゃないかなと思います。本当に師匠に感謝です」と語った。

自身のモノマネについては「山寺さんのものまねをご本人に見せたのは今回が初めてですし、1回戦目通過できなくても、情けない数字で終わりたくないなと思っていたので、それがまさかの1位通過という結果で大先輩にも顔向けできるくらいのパフォーマンスはできたんじゃないかなと思います」と振り返った。

また、今後のものまねについて「次回、誰に挑戦しようというのは考えていないですが、以前別の番組で福山さんのネタを披露させていただいたときに、ご本人から『似ている』というありがたいお言葉を頂いたり、今回、山寺さんも『役取られちゃうんじゃないか』とか『僕もうかうかしてられないな』とちゃかして言ってくださり、背中を押していただいたので、この2つのものまねはさらに精度を上げていきたいなと考えています」と語った。

さらに、来年の抱負として「声優という職業をいろんな人に知ってもらって、我々がやっている仕事の面白さ・可能性みたいなものを引き続きいろんな場所で披露できる機会があるのであれば、挑戦し続けていきたい。来年も声優という仕事を大事にしつつ、ほかのことも頑張っていきたいです」と。

最後に「新顔にもかかわらず投票してくださった方々、そして投票だけでなく見て楽しんでいただいた方、視聴者の皆さまに大きな感謝をあらためてお伝えさせていただきます。本当にありがとうございました! 皆さまも良いクリスマスと年末年始をお過ごしください」と視聴者へ感謝のメッセージを送った。

この記事の写真