『千原ジュニアの座王』がギャラクシー賞&放送基金賞を受賞!「どういう選考理由」と驚きも

バラエティ
2022年07月15日
『千原ジュニアの座王』©カンテレ

千原ジュニアがMCを務めるお笑い番組『千原ジュニアの座王』(カンテレ 毎週金曜 深夜0時55分〜1時25分)が、第59回ギャラクシー賞・テレビ部門選奨、放送基金賞・奨励賞を受賞。合わせて、企画賞を受賞したジュニアへのインタビューが到着した。

この番組は、漫才やコント、ピン芸、歌ネタなど作り込んだネタではなく、即興ネタを競い合う、いわば“笑いの総合格闘技”。今年1月、審査員長に松本人志を迎え放送された『笑いの総合格闘技!千原ジュニアの座王 新春SP』が、第59回ギャラクシー賞・テレビ部門選奨と第48回放送文化基金賞・番組部門・奨励賞を、MC・千原ジュニアが企画賞を受賞した。

2017年にカンテレの関西深夜ローカル番組としてスタートした『座王』。5年経った今も番組が躍進を続ける理由や番組への思い、今後への期待などをジュニアが語ったインタビューが到着した。


◆ギャラクシー賞・選奨、放送基金賞受賞・奨励賞、企画賞、おめでとうございます。

そういうことに関わるような番組じゃないと思ってたんで(笑)非常に驚いています。どういう選考理由やねんって逆に聞きたいなって。

◆“純粋に笑える娯楽番組として高く評価する”とのことでした!

ありがとうございます。でもまぁ本当に、たくさんの人に知ってもらうというか、そういう賞をもらえたのは、松本さんに審査委員長をやっていただいたっていうことがすべてだと思うんで、はい。

◆ジュニアさんは放送文化基金賞において企画賞も取られていますが、そもそも“このゲーム”を考案したきっかけは何だったんでしょうか?

もともと十数年前に、いろんなルミネthe吉本ができたときに、「ネタだけじゃなくて」みたいなことを言われて、じゃあいろんな得意ジャンル…ギャグが得意な人、大喜利が得意な人、モノマネが得意な人、みんなで戦って一番誰が(面白いか)、みたいなことができる、システムがないかな~と思って考えたんです。

◆それが現在の『座王』に?

いや、そのときは舞台だったんでMCも立ちで、俺が座れなかった芸人と一緒に、「誰いく?」って絡みながら選んで、そこでやるみたいな感じでやっていたんですね。

◆イス取りゲームを使ってというのが、すごい発想ですよね。

だからね、ホンマは、マジで、イス取りゲーム考えた人が受賞するべき(笑)。

『千原ジュニアの座王』©カンテレ

◆『座王』はプレイヤーの芸人さんの番組に対する熱量がとても高い番組に感じますが、芸人さんをひきつけている理由は何だと思われますか?

一般の人がもちろん見てはって「楽しいな~」って感じてもらえること。それと、笑いから笑いへのスパンの短さ、違うジャンルの笑いが次々放たれる。そして、ヒリヒリ感。“後輩が先輩を(対戦相手に指名する)、とか先輩が後輩いくから逆に…”、とか。芸人にしか分からないヒリヒリ感が、「ちょっとやってみたいな~」っていうふうに思わせる部分なんじゃないですかね。
あと、昨今なかなか、ここまで純度の高いお笑い番組も数えるほどしかないので。それは芸人としては、大阪の深夜って、本来そういう時間、そういう枠を持っていないといけないと感じするんで。だから非常にこう、いいところでさせてもらってますね。

◆ちなみに、大喜利が上手くなるコツはありますか?

なんでしょう…。まったく分かんないんですけど。上手くなったらあかん部分もありますしね、大喜利って。ゆるゆるの部分も残しとかないと、っていうこともある…だから難しいとこですね~。

◆『座王』で頭角を現す、笑い飯・西田幸治さん、R藤本さん、ロングコートダディ・堂前透さん(通算100勝メンバー)をどう見ていますか?

まず西田はもうちょっと、とんでもないところにいっている感じしますね。なんかもう、なんの僕のコメントもいらない、レコードだけ見てもらったら分かる感じです。(最新レコード:254勝37敗57回優勝)あれだけ強いと逆に、戦う相手としては、負けられるんですよ。負けて当然というところで、ということは、さらに指名されやすくなる。非常にとんでもない大変なポジションでいながら、ちゃんと結果も残し続けるって、相当すごいと思いますね。
ベジータ(R藤本)は本当に、常日頃から『座王』のことを考えて生活してくれてんねやろなっていうのが分かりますね。本当になんかこう…ベジータの代表作『座王』って言っていいんじゃないでしょうね。
あと堂前みたいな若手がちゃんと、ちゃんと正攻法で勝ってる。若手の先頭を走ってくれることによって、いろいろ他も続いてくるのかな、って感じがしますね。

◆今後の座王に期待することは?

今出てる人たちがもう出なくなったぐらいの若手が出てきて、今ぐらいのクオリティでお届けできていたら楽しいですね! まだ見ぬ芸人が出てきてくれて、いろいろ丁々発止やってくれたら、と思いますね。赤いジャケット(審査委員長)のベジータ、みたいなね、ことも全然ありえますからね、この先!

『千原ジュニアの座王』©カンテレ

番組情報

『千原ジュニアの座王』
カンテレ ※関西ローカル・配信あり
毎週金曜 深夜0時55分~1時25分

<次回(2022年7月15日放送)出演者>
MC:千原ジュニア
アシスタント:竹上萌奈 (カンテレアナウンサー)
審査委員長:ほんこん
プレイヤー:原西孝幸(FUJIWARA)、山名(アキナ)、JP、みなみかわ、堂前透(ロングコートダディ)、大須賀健剛(セルライトスパ)、マユリカ、お見送り芸人しんいち、サツマカワRPG

この記事の写真

©カンテレ