• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ビートたけし主演ドラマ「破獄」で山田孝之が地獄の撮影エピソード語る

111792_01_R 4月12日(水)に放送されるテレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画「破獄」の完成披露試写会に、主演のビートたけしのほか、共演の山田孝之、吉田羊が登場。たけしがテレビ東京のドラマに出演するのは初めてとなり、およそ3年ぶりのドラマ主演となる。

 本作は、読売文学賞を受賞した吉村氏の小説を、池端俊策の脚本、「白夜行」「神様のカルテ」の深川栄洋監督のメガホンでドラマ化。昭和17年の東京・網走刑務所を舞台に、たけし演じる看守・浦田進と、山田孝之扮する天才脱獄犯・佐久間清太郎の関係を通じて「命とは何か」「生きるとは何か」「人と人の絆とは」を問いかける。

今回の役柄についてたけしは、「今まで犯罪の話で、取り締まるほうの役はやったことがなくて、必ず凶悪犯とか猟銃をもって立て籠もったり…そんな役ばかりやってたんで、どうやってやろうかなと思ったんですけど。たまにはそういうチャレンジもしてみようと」と。さらに、「ここにいる山田君とか吉田さんとか、いろんな方々があまりにも芝居がうまい。どの人もみんな独特の自分なりの演技の仕方で、その役をこなしているんで、いろんなシーンを撮れば撮るほど、自分のこう努力の足りなさといい加減さが、ちょっと堪えましたね」と共演した役者陣を絶賛。

浦田の娘・浦田美代子を演じた吉田は、たけしについて「父親らしく振舞わないところが父親らしい」と撮影を振り返り、「休憩時間とか、多くを語るわけじゃないんだけども、私をいつも視界に入れてくださり、お話の中に入れてくださった」と明かし、「不器用な気遣いをされるところが、この役はたけしさんだなと思いました」と印象を語った。

肉体トレーニングや津軽弁の習得に苦労したという山田。撮影では「網走の-10℃の中、ふんどし1枚はさすがにキレそうでしたね」と。さらに、雪原を数分間に渡って駆け抜けるという過酷な撮影も体験していたようで「凍傷になってしまって、左手薬指の先がずっと感覚がないんですよね」と告白。「そんなに使わない指だからいいかなと思うんですけど…」と前置きすると、「僕はこれからもテレビ東京でやりたいことがまだまだあるんで、この指をおとりに、また何かやらしてもらいます」と冗談交じりにアピール。

そんな山田についてたけしは「山田くんがセリフを言うたびに津軽弁の直しが入ってる姿を見て、俺だったらキレてやめるわ、というぐらい、本当に大変だっただろうな」とねぎらい、ドラマについて「テーマがテーマなので、かなりキツいシーンもあったんですけど、エンターテインメントの中では、知らず知らずにひっぱられるドラマという気がして。軽いドラマが多い中で、結構ずっしりくるんで、いいんじゃないかと思います」とアピールした。

テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画「破獄」は、4月12日の午後9時から放送。

≪番組概要≫
【タイトル】テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画「破獄(はごく)」
【放送日時】2017年4月12日(水)夜9時00分~11時18分 放送
【放送局】テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送
【出演】 ビートたけし、山田孝之、吉田羊、満島ひかり、橋爪功、勝村政信、池内博之、中村蒼、松重豊、寺島進、渡辺いっけい
【原作】 吉村昭 『破獄』(新潮文庫刊)
【脚本】 池端俊策 『夏目漱石の妻』『足尾から来た女』『イエスの方舟』
【監督】 深川栄洋 『白夜行』『神様のカルテ』『偽装の夫婦』
【チーフプロデューサー】 中川順平(テレビ東京)
【プロデューサー】 田淵俊彦(テレビ東京) 川村庄子(テレビ東京) 浅野敦也(ドリマックス・テレビジョン) 橘康仁(ドリマックス・テレビジョン) 
【協力】 オフィス北野
【制作協力】 ドリマックス・テレビジョン
【製作著作】 テレビ東京
【イントロダクション】 震災で妻と子どもを失い、生きる張り合いを無くし、脱獄阻止だけに命を燃やす一人の看守・浦田進(ビートたけし)。そんな彼の前に現れる一人の無期懲役囚・佐久間清太郎(山田孝之)の、無尽蔵の生命力と、「何があろうと生きてやる」という圧倒的なまでの意思は、時に看守を苛立たせ、やがて大きく突き動かしてゆく……。戦前から戦後にかけた、人情派看守と天才的脱獄犯の闘いが始まる!

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える