• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

市原隼人主演映画「サムライせんせい」場面写真解禁

「サムライせんせい」 2018年春に公開される市原隼人主演の映画「サムライせんせい」の場面写真が解禁された。

 解禁されたのは、メインビジュアルを含めた3枚。メインビジュアルとしてセレクトされたのは、現代に迷い込んだ市原演じる高知出身の志士・武市半平太が、見たこともない“掃除機”を覗くシーン。まさに過去と現代が融合した瞬間の場面写真になっている。半平太は、掃除機の管の中に何を見たのか。

 さらに本作でキーマンとなる坂本竜馬を演じた忍成修吾と、半平太を助ける佐伯老人を演じた橋爪功との場面写真も解禁された。

『サムライせんせい』は11月18日(土)TOHOシネマズ高知ほか、薩長土肥先行公開、2018年春東京ほか、全国北上公開。

『サムライせんせい』
原作:「サムライせんせい」黒江S介/リブレ刊
監督:渡辺一志
製作:ヴァンブック
配給:ピーズ・インターナショナル
出演:市原隼人/忍成修吾、奥菜恵/押田岳・武イリヤ/橋爪功 ほか

<STORY>
幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげ侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこはなぜか平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。半平太は、幕末と平成の間のさまざまなカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。当初は、子供たちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。平成の世の中での暮らしに、何とかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!

公式サイト:samuraisensei.com

©Movie ver. Master SAMURAI. and (c)Esusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える