• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

菅田将暉が岸善幸監督の想いに感謝「皆拍手!」『あゝ、荒野』後篇舞台あいさつ

映画『あゝ、荒野』後篇初日舞台あいさつ 映画『あゝ、荒野』後篇の初日舞台あいさつに菅田将暉、岸善幸監督、そして本作の主題歌を手掛けたBRAHMANのTOSHI-LOWが登壇した。

 後篇を観終わったばかりの観客から盛大な拍手に迎えられ菅田、岸監督がそろって登壇。菅田は「あいにくの天気のところ朝早くから今日はありがとうございます。このところ、暑いと思ったら寒くなって、この体をいじめてくる感じ、なんか荒野っぽいなと個人的には思ってました。(撮影をしていた)ちょうど去年のあの頃はもっと暑かったなと思ってそんな次第でございます」とあいさつ。岸監督は「去年の今頃はヤンさんの誕生日のお祝いをしました。今日こうして後篇初日を迎えてついに完結です。よろしくお願いします」となごやかな雰囲気でスタート。

 先日の第22回釜山国際映画祭で初めて世界お披露目となった現地に赴き、その反応を肌で感じたという菅田は「海外の人って本当に(先入観なしに)素直で、僕のことを知らない人たちが作品を観てくれる環境は新鮮でした。言語は違えど伝わるものはちゃんと伝わるな、と」と振り返った。

 岸監督は「ヤンさんの母国で上映できたことが本当に光栄でした。Q&Aという上映後に観客の方とお話できる機会があったんですが、鋭い質問がたくさんあって(笑)。これからの励みになりました」と手応えを語った。

 また、本作の舞台となった“新宿”で満を持しての舞台あいさつということで、新宿の夜景やビル群は<新宿ピカデリー>の屋上で撮影、また劇中で象徴的に撮っていたカラスが菅田の背後に偶然現れた奇跡的なカットがあったという秘話を明かし「菅田将暉は、カラスも呼ぶ!(笑)」と絶賛。菅田は「そんなシーンあったんですか!?リアル新宿ですね(笑)」と掛け合いを見せた。

 後篇で描かれる、新次(菅田)VS裕二(山田裕貴)戦、新次VSバリカン(ヤン・イクチュン)戦のボクシングの試合シーンは5日間連続の壮絶な撮影現場だったという。菅田は「一緒に闘っていた山田から“人を超えたね(笑)”と言われました。朝方撮影が終わってその後すぐドラマ「地味スゴ(地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子)」の撮影だったんですけど、もう体から熱を発してました。高熱ボーイですね…」と会場を沸かせるひと幕も。

 岸監督が一緒にボクシングを始めると言いながらその姿を見なかった、と言いつつ、ボクシングのつらさがこれ以上分かるとカットがかけられなくなるから辞めた、という真意を知った菅田は「監督はメイクさんほか全員泣いているような現場で1人だけ鬼になって引いて見ててくれたんです、皆拍手!」と現場の熱さを振り返った。

 そして、新宿新次、バリカン健二のイメージカラーである赤、青の花束を携えて、本作の主題歌「今夜」を手掛けたBRAHMAN、TOSHI-LOWが登壇。TOSHI-LOWは「(作品を観て)ひと言じゃ言い表せないけど、即興性の高いあのテラヤマ感というものを出すのはとても難しいと思うけど、よくひもといたなと。これは1つのすごい正解だったと思った」と岸監督をたたえつつ、「あと、木下あかりのおっぱいより菅田の尻を見ていた自分がいた(笑)。格好良いです、役者・菅田将暉!」と大絶賛。

 楽曲については、「きっと頭のどこかで新次や健二がいたと思う」と話し、なんとその場で「今夜」をギター弾き語りで生披露。このサプライズに感無量の菅田に対して「(この曲)できることなら練習してライブで歌ってもらっていい?観に行くから!」と熱いリクエストに拍手が沸き起こった。

 最後に菅田は「皆さん、TOSHI-LOWさん今日は本当にありがとうございます。この作品が大好きです。どんどん広めていただけるとうれしいです」と万感の思いを込め舞台あいさつを締めくくった。

『あゝ、荒野』後篇は新宿ピカデリーほか全国公開中。

『あゝ、荒野』
原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸善幸
脚本:港岳彦/岸善幸
撮影:夏海光造
音楽:岩代太郎
出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリアほか
主題歌:BRAHMAN「今夜」
制作・配給:スターサンズ
制作プロダクション:テレビマンユニオン

公式HP:kouya-film.jp

<STORY>
かつて、母に捨てられた新次は兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなある日、彼らは仲間の裕二らにより襲撃されてしまう。そして2021年新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は劉輝を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。一方、同じ新宿で吃音(どもり)・赤面対人恐怖症に悩む“バリカン”こと健二はいつも通り床屋のティッシュ配りをしていると、ひょんなことから新次と共に“片目”こと堀口からボクシングジムへと誘われる。言われるがままボクシングジムを訪れた2人は、それぞれの想いを胸にトレーニングを始める。新次はボクシングで裕二への復讐を果たすため。バリカンは内気な自分を捨てるため。試合を重ね、徐々に名を挙げて行く新次に対し特別な感情を抱くようになっていく健二。そのさなか、新次は宿敵・裕二との戦いに挑む。一方、バリカンもまた大きな決断を下し、新次との関係が変わろうとしていた…。

©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える