• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ウィル・スミス、Netflix映画『ブライト』引っ提げ14回目の来日決定

Netflixオリジナル映画『ブライト』 Netflixオリジナル映画『ブライト』が12月22日(金)より全世界同時オンラインストリーミング開始。これに合わせ、主人公ウォードを演じたウィル・スミスと、相棒のジャコビー役のジョエル・エドガートン、謎めいたエルフ役のノオミ・ラパス、そしてデヴィッド・エアー監督の来日が決定した。

 本作は、人間とさまざまな種族が共存している“もう一つの世界”のロサンゼルスが舞台。異なる種族の警察官、人間のウォード(ウィル・スミス)と怪物オークのジャコビー(ジョエル・エドガートン)が、巡回中の夜に起きた事件で、謎の少女と≪魔法の杖(マジック・ワンド)≫に出会ったことで、地球の運命をも左右する大きな事件に巻き込まれていく。

 今回、ウィル・スミスらが本作のプロモーションのために、各国を回るワールドツアーを行うことが決定。その最終地が日本・東京(12月19日予定)になることが明らかになった。

 ウィル・スミスの来日は、昨年夏の「スーサイド・スクワッド」以来の約1年ぶりで、親日家のウィルらしく、14回目の来日となる。

Netflixオリジナル映画『ブライト』
12月22日(金)全世界同時オンラインストリーミング

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える