• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』G・グローブ賞2部門ノミネート

『リメンバー・ミー』 ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』が第75回ゴールデングローブ賞でアニメーション映画賞と主題歌賞の2部門にノミネートされた。

 本作の主人公は、音楽が大好きなギターの天才少年ミゲル。しかし過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。大切な家族か、ミュージシャンになる夢を目指すか悩むミゲルは、名曲“リメンバー・ミー”を遺した伝説のミュージシャン:デラクルスの霊廟に飾られたギターを手に、先祖が家族に会いにくるという“死者の日”に開催される音楽コンテストに出る決意をする。

 だが、そのギターを奏でたことで、ガイコツ姿の先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまう。夢のように美しく、テーマパークのようにワクワクするこの世界で、祖母の祖母をはじめとする先祖たちのガイコツや憧れのデラクルスと出会うが、喜びもつかの間。早く元の世界に戻らないと大変なことに…。

 そんなミゲルに手を差し伸べたのは、正体不明のガイコツ、ヘクター。陽気だけど孤独な彼は、生きているミゲルに“ある願い”を託すため、ミゲルが無事に帰還できる方法を一緒に探す。だが、いつしか二人はミゲルの一族に隠された驚くべき<秘密>の存在と、何世代にもわたる家族の強い絆に気づく。そして、すべての謎を解くカギは、デラクルスの美しいバラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。

 本作は既に数多くの賞を受賞。ニューヨーク映画批評家協会賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、ハリウッド映画賞など“アカデミー賞前哨戦”と呼ばれる重要な賞に加え、ワシントン DC映画批評家協会賞ではアニメーション映画賞と声優賞の2部門、ボストン映画批評家協会賞、サンフランシスコ映画批評家協会賞などを受賞。さらに“アニメーション界のアカデミー賞”と言われるアニー賞には最多13部門にノミネートしている。

 全米ランキングでは、初登場1位の大ヒットスタートを切って以来、3週目も好調な数字をキープしており、全米週末ランキングで3週連続1位となっている。

映画『リメンバー・ミー』
同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』
2018年3月16日(金)全国公開

監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
製作:ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮:ジョン・ラセター

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

disney.jp/Remember-me

©2017 Disney/Pixar

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ