• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「君の名は。」特別PRスポットで上白石萌音がナレーション「また三葉に会えてうれしい!」神木隆之介からコメントも

映画「君の名は。」 2018年1月3日(水)にテレビ朝日系で地上波初放送される新海誠監督の大ヒットアニメ映画「君の名は。」(後9・00)の特別PRスポットが、12月26日(火)より登場。ナレーションをヒロイン役の女優、上白石萌音が担当した。

 映画は、田舎町の女子高校生・三葉(声・上白石)と東京の男子高校生・瀧(神木隆之介)が夢の中で入れ替わるという不思議な体験を繰り返すうち、いつしか恋に落ちていく物語。2016年8月に公開され、国内興行収入が250億円を突破。同年の興行収入で1位、邦画史上でも歴代2位の記録を打ち立てた。

 このほど、アフレコに臨んだ上白石は「新海監督の映像はすごい。“画”を見るだけで当時の感情がよみがえってきました。また三葉に会えてうれしい!」と大感激。ナレーションには三葉のセリフをもじったものもあり、「セリフを生まれ変わらせたものがまた皆さんの心に届くなんて、本当にうれしいです。ぜひこのPRスポットを観て1月3日の夜を楽しみにしていただきたいです」とアピールしている。

 3日の放送に向けて、神木もコメントを発表。「自分が関わらせていただいた作品をお正月に見ていただく機会はそうそうないので、うれしい気持ちでいっぱいです」と喜び、「お正月という事で、一家団欒を楽しみながら2人の主人公を温かく見守っていただきたいです。お正月は毎年、家族でゆっくりしているので、2018年は『君の名は。』を見たいと思います」と語っている。

<上白石萌音 コメント>

◆『君の名は。』の地上波初放送について、心境は?
「劇場でかかった映画が地上波で流れるのは、とても感慨深いものがあります。映画は劇場に行かないと出会うことはできませんが、地上波ではより多くの方にリアルタイムで同時に楽しんでいただけるんですよね。『君の名は。』にとってそれは今回が初めてのことなので、どんな反応があるのか、すごく楽しみです」

◆『君の名は。』は自身にとってどんな作品?
「この映画に出会う前と後では180度違う、といっても過言ではないぐらいの作品ですね。それはどの映画、どの作品でも同じではあるのですが、特に『君の名は。』という作品を通じて私の事を知って下さった方々がたくさんいらして…。そういう意味では、人生の大きな転機を作ってくれた作品ですね」

◆思い入れのある三葉のセリフや場面は?
「よく皆さんからリクエストされるのが、『瀧くん』と名前を呼びかけるセリフ。その呼びかけは、やはりこの『君の名は。』というタイトルにもつながりますし、作品の大きな象徴だと思います。また、神木隆之介さんの三葉っぷりが、女子にも決してかなわない、“圧倒的な女子力”を発揮しているので、そこはもう存分にキュンキュンしてほしいなと思います!」

◆特別PRスポットのナレーションはいかがでしたか?
「また三葉に出会うことができて、とてもうれしいです! 映画のアフレコから1年半以上経っているので大丈夫かなと思いましたが、やはり新海監督の映像はすごいですね。“画”をみるだけで当時の感情がよみがえってきました。一場面をアレンジしたパロディー的なバージョンもあってとても楽しかったですし、セリフを生まれ変わらせたものがまた皆さんの心に届くなんて、本当にうれしいです。作品の偉大さを、身をもって感じました。このPRスポットを観ることでファンの方には劇場で作品と出会ったときの気持ちを思い出してもらえたらうれしいですし、初めて観る方にはPRスポットを通して1月3日の夜を楽しみにしていただければと思います!」

◆初めて『君の名は。』をご覧になる視聴者にメッセージを!
「何回でもこの作品との出逢いを繰り返したいなと思うくらい、初めて『君の名は。』を観たときの感動は、私にとって忘れ難いものとなっています。ぜひ皆さんにも、初めての出逢いを存分に楽しんでいただければ。私も3日の夜はもちろん、『君の名は。』を観ます! 楽しみにしています!」

©2016「君の名は。」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える