• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

木村拓哉、マツコ・デラックスから「一緒に住んでよ」と言われて…『夜の巷を徘徊する』で“同級生共演”再び

(C)テレビ朝日

©テレビ朝日

 木村拓哉が1月11日、18日放送のテレビ朝日『夜の巷を徘徊する』((木)深0・15)で、高校の同級生だったマツコ・デラックスと再共演する。

 木村は昨年も同番組に登場し、マツコと浅草寺を訪れておみじくを引いたが、結果は2人そろって「凶」だった。そこで今回は「2人とも大吉が出るまで神社仏閣を巡る」という企画を敢行。赤坂の豊川稲荷東京別院へ向かい、境内の店でいなり寿司を味わった後、おみくじに“リベンジ”する。

 移動中の車内では、学生時代の思い出をトーク。木村が「同窓会とか行ってるの?」と聞くと、マツコは「行ってない。どんな姿で行っていいか分かんないもん!」。木村も同じく同窓会には参加していないそうで、「そういうところに顔出せてないの、よくないよね」としみじみ。

 途中、休憩に寄った十割そばの店では鴨出汁つけそばと鶏天そばを堪能。1日に一食しか食べないこともあるというマツコは、木村から「それは身体によくないよ」と注意され、「じゃあ、一緒に住んでよ」と提案。木村は「まぁ、ありっちゃありかな(笑)」と優しく返答する。

 体調を崩したばかりのマツコを木村が気遣う場面は随所に。昨年、入院したマツコに届いた、木村らしいシンプルかつ的確なメールの文面も明かされる。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える