• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「前フリが長くて…」松山ケンイチが深田恭子からのダメ出しに苦笑い『隣の家族は青く見える』1・18スタート

隣の家族は青く見える

 1月18日(木)スタートの『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)の大ヒットと撮影安全の祈願が水天宮にて行われ、深田恭子、松山ケンイチ、高畑淳子が出席。晴れ着姿で登場した深田は「絵馬には“『隣の家族は青く見える』たくさんの方に見ていただけますように…、3か月、撮影が無事に進むよう、どうか見守ってください”と書きました」とあいさつした。

 コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長を描くヒューマンドラマ『隣の家族は青く見える』。深田と松山は妊活と向き合う夫婦を演じる。祈祷後に合同取材が行われ、松山は本作について「コーポラティブハウスという家の中に4世帯の家族が入っているのですが、それぞれ家族の形が違いますし、幸せの形も違います。自分の幸せを考える世代の方にはきっと響く作品になっていると思います」とコメント。

 いっぽう、今年“年女”で本厄となる深田は、「本厄というのは体調面でも変わってくるように作られていると思うので、健康管理に気をつけたい」と。すると松山がすかさず「健康管理といえば“睡眠”だと思うんです。深田さんがよく眠れるよう撮影は大体夜8時までを理想にやっていきたいですね!」と気遣った。

 そんな中、撮影中のエピソードを尋ねられた深田が「何かありましたっけ?」と思案していると、松山は「僕はありますよ」とニヤリ。「撮影中、寒かったので『手をつないだほうがいいんじゃないですかね、夫婦だから』という理屈をこねて手をつないで歩いたりしています」と明かすと、深田は「松山さんから提案していただいたのですが、そこまでの前フリがとても長くて何の話をしているんだろうと思っていました」とバッサリ。それでも最後は「こういう(手をつなぐ)ことで仲の良さが出せれば(笑)」と妻の顔になっていた。

『隣の家族は青く見える』はフジテレビ系にて1月18日(木)後10・00よりスタート。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える