• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

乃木坂46・与田祐希、大園桃子、山下美月らがかわいい“ハコダンス”を披露

乃木坂46 セブン&アイ・ホールディングス セブンマイルプログラム記者イベントに、乃木坂46の与田祐希、大園桃子、山下美月、岩本蓮加、伊藤理々杏、阪口珠美、中村麗乃の7人が登壇した。

 6月28日(木)から7月1日(日)の4日間限定で、東京ミッドタウンのアトリウムに、乃木坂46とコラボレートした3Dサイネージが登場。まるで、ガラスボックスの中に等身大の乃木坂46メンバー7人が目の前にいるかのように見える不思議な技術になっている。

 イベントでは、メンバーたちが3Dサイネージの前で、オリジナル楽曲「mile mile please」に合わせて“ハコダンス”を披露。“ハコダンス”について聞かれた大園は「狭いスペースを生かしたダンスで、柱の横から顔を出さなきゃいけないところはすごく難しかったんですけど、マイルの“M”のポーズだったり、かわいいポイントがたくさんあるのでぜひ真似していただけたらと思います」と笑顔でコメント。

 セブン&アイグループ各企業での購買金額に応じてさまざまな特典がもらえる“セブンマイルプログラム”の機能や特典について、7人それぞれが紹介した。大園が説明する場面では、言うことを忘れてしまったのか、途中で説明をやめてしまい「間違えちゃった(笑)」と。会場が和やかな雰囲気に包まれた。

 また“マイル”にちなみ、ほしいものを聞かれた与田は「最近時間に追われていることが多いなって感じるので、パッて時間を止められる能力があったらいいなって思います。止められたら、ダンスの振り入れをしたい」と話し、メンバーたちは「現実的だね」「すごいね」と口ぐちに与田にツッコミを入れた。

 7人がガラスボックスの中でかわいく踊る“ハコダンス”の映像を見た山下は「撮影の時は想像がついていなかったので、イベント前に見て、こんな感じになったんだって感動しました」と感想を語った。このオリジナル楽曲「mile mile please」の“ハコダンス”は、6月28日(木)よりWEB上(http://www.omni7.jp/general/static/7mpnogizaka46)でも公開中。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える