• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

バイオリニスト・古澤巌と清水ミチコが異色夫婦に!『税務調査官窓際太郎の事件簿34』8・6放送

©TBS

©TBS

 8月6日(月)放送の月曜名作劇場『税務調査官 窓際太郎の事件簿34』に、バイオリニストの古澤巌と清水ミチコがゲスト出演することが決定した。

『税務調査官 窓際太郎の事件簿34』は、表向きは東京国税局から世田谷南税務署に大左遷されたダメ税務署員だが、真の姿は政財界の癒着を暴く国税局の陰の査察官である“窓際太郎”こと窓辺太郎(小林稔侍)が活躍する人気シリーズ。今回は滋賀・大津を舞台に太郎が悪徳政治家の不正を追う。

 古澤と清水は、商店街にある雑貨店の店主夫婦という役どころ。恐妻を演じる清水と絶妙な掛け合いを繰り広げる古澤の姿に、撮影現場は笑いに包まれた。そして、古澤がバイオリンを弾くシーンもあり、素晴らしい音色に小林も「キレイな音色だね。タダで聞かせていただくのは申し訳ない」と感心。スタッフ・出演者をはじめ、撮影現場を通りかかった一般の方まで拍手を送った。

 過去には大河ドラマに出演した経験もある古澤は「ドラマに出演させていただくチャンスがあれば、何事も経験だなと思ってやらせていただいています。しかも、バイオリンを弾くシーンを作ってくださってありがとうございます。僕らはなかなかお茶の間に登場することがないので、音楽家としてドラマに参加させていただけるのは夢のようです」と感謝の言葉を。「この『窓際太郎』シリーズは、さすがの僕でも知っています(笑)。こうやって小林さんが演じる窓際さんを間近でリアルに見ると、不思議な感じがしますね。清水さんとの夫婦は、リアルな感じ。清水さんと暮らしたらこんな感じだろうなと思いながらやっていました(笑)」と撮影を振り返った。

 また、小林との初共演に緊張していたという清水は、「すごく楽しかったです。ビッグな方とご一緒するということで緊張していたのですが、あんなにきさくに話しかけてくださるとは思わなくて。お互いセリフが飛ぶくらいドラマとは違う話で盛り上がりました(笑)」と感想を。「古澤さんのバイオリンは、やっぱりさすがにプロです。演奏を聴いてびっくりするというシーンなのですが、演技でなくて本当にびっくりしました。素晴らしくて感動しました」とコメントした。

 月曜名作劇場『税務調査官窓際太郎の事件簿34』(TBS系)は、8月6日(月)後8・00より放送。

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真